ヤナギムシカレイ/柳鰈(ササガレイ、若狭ガレイ、ヤナギガレイ)

ササガレイ クリックで拡大

■ヤナギムシカレイとは

●カレイ目カレイ亜目カレイ科ミギガレイ属

店頭で根強い人気のある若狭ガレイ(ヤナギムシカレイ)の自家製一夜干。その身質の上品さ、旨み...

北海道南部より南の沿岸各地で獲れるカレイの一種。水深100メートルから300メートル程のの砂泥質の海底に生息し、多毛類、小型甲殻類、二枚貝などを食べています。

金沢や能登、島根などではではササガレイ、三陸や福島ではヤナギカレイとしてしてしまれています。

干物にされる事が多く、とても高価ですが美味しい干物です。各地の海産物土産として知られています。小ぶりのものは比較的安く売られていますが、大きい物は超高級干物として扱われ、なかなか庶民の口には入りません。

■ヤナギムシカレイの産地と旬

●主な産地

福井の若狭湾で獲れる大きい物は「若狭カレイ」と呼ばれ高級品となっていますが、石川や福井、島根などの山陰が有名です。また、三陸から房総にかけての沿岸でもよく獲れます。

●ヤナギムシガレイの旬

このカレイの産卵期は冬で、春先に産卵します。なので、晩秋から冬にかけて抱卵している時期が最も美味しい旬となりますが、値段も高くなってしまいます。小ぶりのものは安く手に入りやすいのですが、身が薄く、唐揚げに向いています。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ヤナギムシガレイ                        

 ■ヤナギムシカレイの目利きと料理

●選ぶポイント

鮮魚を選ぶ際は、身に張りがあって固いもの、表面が乾いていない物を選びましょう。

●調理のポイント

おろす場合は5枚におろします。身が柔らかく身崩れしやすいので注意が必要です。

振り塩をして一夜干しにすると美味しい。

●料理の使い道

新鮮なものは刺身に

鮮度の良い物が手に入りにくいのですが、鮮度が良ければ刺身でも楽しめます。小ぶりのものはとてもタンパクですが、あっさりとした食味と歯触りを楽しめます。身が薄いので、そぎ切りと言うより、細切りにする感じで切ります。

焼きもの

塩焼きというより、干物や一夜干しを焼いて食べるのが美味しい。ポアレやムニエル、ピカタも出来るが、身が薄いので、ポアレやバターソテー、ムニエルの場合はロール状にして調理するなどした方が良いかもしれない。

煮物系

煮付けもそこそこ美味しいが、それより焼くなり揚げるなりする方がお勧め。

揚げもの

天ぷらがお勧め。唐揚げでも美味しいです。小さい物は頭とワタだけ取ってまるママ揚げて、大きい物は5枚におろして、骨は骨だけニ度揚げにし、それに揚げた身を添えて盛り付けると、骨までカリッと美味しく食べられます。

 ■ヤナギムシカレイの栄養価と効用

●低脂肪高タンパクな魚です

ヒラメやカレイはたんぱく質を多く含んでおり、脂肪分も少なく、ヘルシーな魚と言えます。

●タウリンが豊か

白身が淡泊なカレイは消化が良く、低カロリーなので病人食や離乳食にも最適です。特に含まれているタウリンが多く、動脈硬化の予防や血圧の正常化、コレステロール値の低下、血糖値の上昇抑制などに効果があります。

●ヤナギムシガレイ及びムシガレイの干物 可食部100gあたりの成分

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
117
kcal
74.6
g
20.2
g
3.4
g
Tr 1.8
g
0.73
g
1.7
g
87
(0)
g
ビタミン
レチノール D E B1 B2 ナイアシン B6 B12 葉酸 パントテン酸 C
2
μg
1.0
μg
2.3
mg
0.25
mg
0.10
mg
5.1
mg
0.11
mg
1.6
μg
11
μg
0.71
mg
1
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
430mg 280mg 40mg 29mg 170mg 0.1mg

七訂日本食品標準成分表より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP