アカガレイ(赤鰈/赤カレイ):特徴や産地と旬

アカガレイ 赤鰈 あかがれい

●アカガレイとは

◆スズキ系カレイ目カレイ亜目カレイ科アカガレイ属

アカガレイ 赤鰈 あかがれい

アカガレイはカレイ科アカガレイ属の一種です。底引き網で獲れたものが水揚げされると、全体に血がにじんだような赤みが現れることからこのような名前がついたとされています。

別に「ミガレイ」という名称がある他、福井県では「越前かれい」や「地がれい」とも呼ばれています。

日本近海の生息域はサハリン西部から朝鮮半島にかけての、水深170mから900mの砂泥底とされ、北海道から日本海沿岸で主に底引き網で漁獲されています。

かつては大きいものが大量に水揚げされ庶民的な魚だったのですが、近年は大きいものが少なくなったといわれています。

従来は底引き網でまとめて漁獲され、鮮度が落ちやすいため主に煮魚向けにされてきましたが、近頃は活かしたまま水揚げされ、活〆したものも出荷されるようになり、刺身でも美味しく食べられるようになりました。

◆アカガレイの特徴

アカガレイ 赤鰈 あかがれい

アカガレイはカレイの仲間で、体の右側に両目がついています。そのため、表を上にして置くと頭が右手になります。

大きさは雄が25cm程、雌は40cm程になるとされています。

名前の由来となっているように、裏表ともに全体に赤みがあり、特に腹の白い側や尾鰭の付け根辺りは血がにじんだように赤くなっているものが多いです。

身質はカレイの中では柔らかい方で、味に癖はなく煮ても焼いても、鮮度が良ければ刺身も美味しい魚です。

●アカガレイの主な産地と旬

◆主な産地

主な産地は北海道のほか、越前カレイとも呼んでいる福井県をはじめとする島根県や山口県、兵庫県、石川県、鳥取県など日本海沿岸、その他、福島県など東北地方でも水揚げされています。

漁獲量はいずこでも年々減少しており、サイズも小さいものが増えてきているそうです。

◆アカガレイの漁獲時期と旬

主な産地の漁期は、北海道が通年、鳥取県では9月から翌5月、福井県では底びき網漁が解禁となる9月初旬から4月下旬(越前町では9月から2月)、京都府では11月から3月となっています。11月にはズワイガニ漁も解禁となり一段と漁獲量が増えます。

市場には通年流通していますが、最も取扱金額が高くなるのは2月から3月で、次いで出始めの9月から10月となっています。

産卵期は冬から春にかけてとされ、その頃が腹に卵や真子が充実し最もおいしい旬となります。

地域 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
アカガレイ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP