シラウオ(白魚)の食べ方や栄養成分

シラウオ(白魚)

■シラウオ(白魚)の選び方と食べ方

●選ぶポイント

シラウオ(白魚)

シラウオは生きているときは半透明で、死後時間が経つにつれて白くなっていきます。買うときはできるだけ透明感がある物の方が新鮮です。

●主な料理

生のまま

新鮮なシラウオなら、生のままワサビ醤油で食べたり、酢味噌和えなどにできます。寿司種にもなり、シラウオの軍艦巻きはよく見かけます。

佃煮

古くから産地では佃煮にもされてきました。シラウオは身が柔らかく、クセが少ないので、薄味に仕上げた方がいいでしょう。

天ぷらなどの揚げ物

シラウオのかき揚げは外はサクッとし、中がふわっとした仕上がりになりとても美味しいです。また、一匹ずつバラけるように粉をまぶしてから揚げにしても美味しいです。

椀もの

上品な味と細く白い形を活かした吸い物にも使えます。もちろんみそ汁でも美味しいです。

卵料理に

親子丼の様な感じでシラウオを出汁で軽く煮たところに溶き卵をまわしかけ、ネギを散らして卵とじにすると美味しい。もちろんそれを丼にするもよし、そのまま食べるもよし。

また、卵焼きに巻き込んでも良いです。卵の上にシラウオを散らす際、巻く芯に平行になるように散らすと巻きやすいです。

●シラウオ(白魚)を使った料理をレシピサイトで探す

主な料理レシピサイトのシラウオ(白魚)を使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ

■シラウオ(白魚)に含まれる主な有効成分とその働き

●骨を丈夫にし、精神的な安定も

シラウオ(白魚)

骨も含め、丸ごと食べるものなので、カルシウムマグネシウム、リンなど、骨の生成に不可欠なミネラルを沢山摂取できます

レチノールが沢山含まれています

ビタミンAとなるレチノールが多く、活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病対策となる他、皮膚や粘膜の細胞を正常に保ち、免疫力も高まります。

七訂日本食品標準成分表でみるシラウオの栄養成分量

●シラウオ 生 可食部100gあたりの成分

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
77
kcal
82.6
g
13.6
g
2.0
g
0.1
g
1.7
g
0.34
g
0.99
g
220
mg
-
g
ビタミン
レチノール D E B1 B2 ナイアシン B6 B12 葉酸 パントテン酸 C
50
μg
1.0
μg
1.8
mg
0.08
mg
0.10
mg
1.8
mg
0.12
mg
3.3
μg
58
μg
0.94
mg
4
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
170mg 250mg 150mg 39mg 270mg 0.4mg

七訂日本食品標準成分表より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP