西洋梨(せいようなし)の品種:シルバーベルの旬や特徴と産地

シルバーベル(西洋梨)

■シルバーベルとは

●山形県で生まれた、ラ・フランスの自然交雑種

シルバーベル(西洋梨)

シルバーベルは1957年に山形県園芸試験場でラ・フランスの自然交雑実生から選抜育成された品種です。所謂ラ・フランスの妹のような西洋梨です。

育成者の鈴木寅雄氏の「鈴」をとりシルバーペルと名づけられました。

●シルバーベルの特徴

シルバーベル(西洋梨)

シルバーベルはラフランスに比べると大きく、やや長細い形をしていて、ラ・フランスより、バートレットなどに近い形をしています。大きさは平均で350gから450gほどもあり、大玉になると800gにもなります。

果肉は緻密でジューシーで、ラ・フランスと同じような柔らかい西洋梨特有の食感が楽しめます。

シルバーベルの味は、強い甘さと共に程よい酸味が加わり、全体的に芳醇で濃厚な味わいを感じます。ラ・フランスと比べると、酸味が強くなった感じです。とは言っても、それ以上に甘さが強いのですっぱいわけではありません。

外見や断面などは写真ギャラリーでご覧いただけます →

■シルバーベルの産地と旬の時期

●シルバーベルの主な産地と生産量

シルバーベルは秋田県の特産として知られていますが、H22年産のシルバーベルの生産量を見ると、山形県が最も多く、全国の65%を占めています。次いで秋田県、岩手県となっています。

●シルバーベルの収穫時期と食べ頃の旬

シルバーベルは晩生種の西洋梨で、早いもので10月下旬頃から収穫が始まり。11月に最盛期を迎えます。追熟を経て出荷が始まるのは11月下旬頃からで、12月初旬から1月下旬に食べ頃の旬の時期を迎えます。そして、貯蔵性も高く、2月頃まで出回ります。

品種 11月 12月 1月 2月
シルバーベル                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。