マルゲリット・マリーラ(Marguerite marillat) < 西洋梨

マルゲリット・マリーラ(Marguerite marillat)

■マルゲリット・マリーラとは?

●フランス生まれの品種

マルゲリット・マリーラ(Marguerite marillat)

マルゲリット・マリーラは1874(明治7)年に、フランス・リヨン郊外においてM.マリーラ氏によって発見された大型の西洋梨で、その発見者の名前が付けられています。

●マルゲリット・マリーラの特徴

マルゲリット・マリーラ(Marguerite marillat)

マルゲリット・マリーラの果実は西洋梨の中では最大級で、400~800gにもなります。形は西洋梨の中では比較的均整がとれた洋ナシ型をしており、表皮は収穫時は黄緑色ですが、熟すと全面が黄金色になってきます。ら・フランスほどではありませんがサビが発生しやすい品種となっています。

果肉は未熟なうちは白く、熟すにつれやや黄色みを帯びてきます。その頃になると香りもぐんと強くなり、とてもジューシーでル・レクチェと同じような滑らかな舌触りになります。糖度自体はあまり高くないのですが酸味が少ないので上品な甘さが楽しめます。

■マルゲリット・マリーラの主な産地と旬

●主な産地と生産量

マルゲリット・マリーラの平成22年の生産量を見ると、最も多く生産しているのは山形県で、全国の46%を占めています。次いで青森県、北海道、秋田県、岩手県となっています。

●マルゲリット・マリーラの収穫時期と旬

マルゲリット・マリーラは早生種で、収穫は9月上旬頃から始まります。収穫後10日~2週間ほど追塾させた頃が食べ頃となります。出荷は9月中旬頃から10月下旬頃までで、出盛りの旬はとても短く、9月下旬から10月中旬までとなります。

品種 8月 9月 10月 11月
マルゲリット・マリーラ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。