青パパイヤ/グリーンパパイヤ:特徴や主な産地と旬の時期

グリーンパパイヤ/青パパイヤ/調理用パパイヤ

■グリーンパパイヤ/青パパイヤ/調理用パパイヤとは?

●一般的な黄色いパパイヤの未熟果

グリーンパパイヤ/青パパイヤ/調理用パパイヤ

パパイヤは熱帯アメリカの原産とされるパパイア科パパイア属の常緑樹になる果実で、「乳瓜(ちちうり)」または「木瓜(もっか)」とも呼ばれ世界の熱帯および亜熱帯で広く栽培されており、国内でも沖縄や鹿児島などを中心に作られています。

パパイヤの木は雄雌異株で、通常は両方を植えて受粉させる必要がありますが、両性花と呼ばれる、自家受粉する花をつけることもあります。また、雌株だけでも単為結果することが多いです。

青パパイヤまたはグリーンパパイヤと呼ばれているものは青パパイヤ専用に品種改良されたものもありますが、もともとはそういう品種と言うわけではなく、一般的に果物として食べられている熟した黄色いパパイヤが緑色の未熟な状態で収穫されたものです。

これらの青パパイヤは果物ではありますが、野菜のような食べ方をするので、調理用パパイヤとも呼ばれています。

●種無しの青パパイヤ/グリーンパパイヤ

グリーンパパイヤ/青パパイヤ/調理用パパイヤ

通常果物として販売されている黄色いパパイヤには種が入っていますが、青パパイヤの場合種の部分が空洞になっていて種が入っていないものが多く見られます。これは青パパイヤの場合、雌株中心に栽培されることが多く、受粉せずにできた果実が多くできるからです。

●グリーンパパイヤ/青パパイヤ/調理用パパイヤの特徴

青パパイヤは未熟な状態で収穫されるため、外皮は濃い緑色をしています。皮は見た目はカボチャのように固そうですが、それほど固くなくウリと同じような感覚で切れると思って良いでしょう。

果肉は白く、緻密で、切ると「乳瓜(ちちうり)」という別名の所以となっている白い乳液状の果汁がにじみ出てきます。この乳液にはタンパク質分解酵素が沢山含まれており、肌が弱い方はかぶれたりすることもあるのでビニール手袋をはめるなど注意が必要です。この乳液は切った後しばらくするとロウ状に白く半固形になります。

果肉の食感は生のままだと心地よい歯ざわりがあり、ほんのり甘みがあります。そして、熟したパパイヤとは違った、独特のトロピカルな香りがあります。

■青パパイヤの主な産地と旬

グリーンパパイヤ/青パパイヤ/調理用パパイヤ

●主な産地と生産量

国内の青パパイヤは主に沖縄県や鹿児島県で生産されています。その他、高知県や愛知県でも栽培されています。生産量に関するデータは見つけることができませんでした。

●青パパイヤの収穫時期と旬

パパイヤはもともと四季がない熱帯性の植物なので、そういった地域では1年を通して収穫出荷されています。ただ、国内では冬の気温が下がるため、収穫量に波ができ、沢山収穫され、市場に出回るのは7月から11月初旬くらいまでとなります。

旬のカレンダー

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
青パパイヤ                        
輸入物