スィート・ネクタリン・黎明(れいめい)<ネクタリン

スイートネクタリン黎明(れいめい)

●黎明(れいめい)とは

◆「反田ネクタリン」×「インデペンデンス」

スイートネクタリン黎明(れいめい)の大きさ

黎明は1974(昭和49)年に山梨県果樹試験場において、「反田ネクタリン」に「インデペンデンス」を交配して生まれた交雑実生を選抜育成したもので、1983(昭和58)年に登録出願、翌年1984(昭和59)年に品種登録されています。出願時の名称は「スイートネクタリンゴールド」となっています。

◆黎明(れいめい)の特徴

農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

「- - - - - - 果実は無毛で、短楕円形である。果頂部は浅く凹み、梗あはやや狭である。果実の大きさは1果150g程度であるが、幼木時には小果となり易い。果皮の地色は黄色、着色は容易で濃厚、ぼかし状に鮮紅色となる。果肉も黄色で、核周囲を中心として僅かに紅色が入り、「ヒラツカレッド」よりやや多である。肉質はち密、溶質で、日持ちは良い。果汁の多少は中、「ヒラツカレッド」より少ない。甘味は糖度13~14度で多い。酸味は少なくPH4.1程度で、「ヒラツカレッド」より少ない。核は離核で長楕円形、大きさは中、核割れは少ない。成熟期は育成地において7月下旬で、「白鳳」、「ヒラツカレッド」とほぼ同時期で、「反田ネクタリン」より20日程度早い。- - - - - - - -」以上抜粋。

◆実際に食べてみた食味

スイートネクタリン黎明(れいめい)

今回入手したものは山梨県産のもので、ネクタリンとしてはやや大きく、1個の重さは210g前後でした。切ってみると、濃いめの山吹色に、部分的に朱色が混じっていて、皮は手でむけました。

 

果肉は少し硬めの桃といった感じで、甘味酸味ともに強く、ジューシーで濃い美味しさが楽しめました。目をつぶって食べると桜桃を食べているような感じでした。

 

●主な産地と旬

◆主な産地

正確な出荷量などは不明ですが、主な産地は長野県や山梨県をはじめ新潟県などとなっています。

◆黎明(れいめい)の収穫時期と旬

産地にもよりますが、おおむね7月中旬頃から始まり、8月下旬頃までとなります。

品種 6月 7月 8月 9月
黎明(れいめい)                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。