カリン(花梨/かりん) :旬と主な産地、食べ方と栄養価や効能

カリン(花梨/かりん)

■カリン(花梨/かりん)とは

カリン(花梨/かりん) の樹

●バラ科カリン属(又はボケ属)(仏)Nefle

かりんの中国が原産とされるバラ科の落葉樹になる果実で、古くから薬用として用いられていたようです。日本でも全国で栽培されています。

庭園樹としても人気があり、実が沢山成った樹を良く見かけます。

●生では食べられません

かりんは果物と言っても、非常に硬い上、渋くて生では食べられません。香りを楽しむ、また、薬用成分を利用するような使い方になります。

●かりんの果実の特徴

かりんの最大の特徴は独特の芳しい香りではないでしょうか。のど飴やかりん酒など、薬効成分と共にこの香りを活かした加工に用いられています。

果実はパパイヤと似たような縦長の形をしており、350~500g程の大きさになります。表皮の色は明るい黄色で、熟した果実の表面はつるっとしています。

カリン(花梨/かりん) の断面

果肉は薄い黄色から橙黄色でとても固く、中心部に縦に5本の空洞があり、その中に無数の種が入っています。生のまま果肉をかじるととても渋く、また、繊維質が固く口に残って食べられません。

●マルメロと同じ?

一見同じもののようにも見えますが、かりんは表皮がパパイヤのようにつるっとしていますが、マルメロは産毛のようなものが生えています。ただ、香りや薬効成分が同じで、使い方も同じです。

■カリン(花梨/かりん)の主な産地と食べ頃の旬

全国のかりん生産量トップ3

●全国のかりん生産量トップ3

かりんは全国で作られていますが、最も多く生産し市場に流通しているのは長野県です。全国の約3分の1を作っています。次いで山形県、香川県となっています。

その他にも東京や愛媛、山梨でも沢山作られています。平成16年は東京が41トンで3位に、平成10年、11年は山梨県が74トン、95トンでそれぞれ2位になっていました。

●美味しいカリンが出回る旬は

全国に分布しているので、収穫される期間が長く 10月初めから出荷が始まり12月初旬まで流通しています

品種 9月 10月 11月 12月
かりん