日向夏(ひゅうがなつ)、ニューサマーオレンジ、土佐小夏、小夏みかん

日向夏(ひゅうがなつ)

■日向夏(ひゅうがなつ)とは

●ミカン科ミカン属

日向夏

 日向夏は1820年に宮崎市の真方安太郎氏の庭で発見されたゆずの突然変異種と考えられています。その後宮崎県の特産品となり、今では各地で栽培されるようになり、 「ニューサマーオレンジ」や「土佐小夏」、「小夏みかん」などの名称でも市場に出回っています。また、種なし品種も出回っています。

●日向夏(ひゅうがなつ)の特徴

 日向夏(ひゅうがなつ)は温州みかんを一回り大きくしたくらいの大きさで、色は明るい黄色で形はブンタンを小さくしたような感じです。果肉、果汁は酸味が強く、さっぱりとした清々しい味ですが、外皮と果肉の間の白い内果皮(アルベド)にほんのりと甘味があり、この白皮(アルベド)と果肉を一緒に食べることで、他の柑橘にはない、独特の風味を味わうことができます。

●日向夏(ひゅうがなつ)の主な産地

日向夏の生産量

 日向夏(ひゅうがなつ)は宮崎で発見され、特産となっているだけに全国の半分以上を宮崎県が産します。その他、高知県では「土佐小夏」とも呼ばれて生産されています。

平成25年産の生産量を見ると、宮崎県3738.5トン、高知県1890トン、愛媛県398.2トンで、この3県で全国の約9割以上を生産しています。

■日向夏の美味しい食べ頃の旬

●日向夏(ニューサマーオレンジ)の旬

 ハウス物が年末頃から出回り始め、3月には露地物も出荷されます。旬はハウス物が1月から2月、露地物は3月から4月が旬となります。

旬のカレンダー

品種 12月 1月 2月 3月 4月 5月
ハウス栽培                                    
露地栽培                                    

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。