やたか/秋田ふじ/早生ふじ<リンゴの品種

やたか/秋田ふじ/早生ふじ<リンゴ

■やたかとは?

●秋田県で発見された「ふじ」の枝変わり 早生ふじ

やたか/秋田ふじ/早生ふじ<リンゴ

やたかは、平良木忠男氏によって1982(昭和57)年に秋田県平鹿郡増田町の自園のふじの木から発見されたふじの枝変わり品種です。

平良木忠男氏は発見したその着色が早い枝を高接ぎし、3年後の1985(昭和60)年に結実した果実からふじより20日以上早く熟す枝変わりであることを確認し、その年に品種登録の申請が出願されました。秋田県果樹試験場の協力により特性が検定され1987年11月品種登録されています。

「やたか」の名前は育成者の父(スケ)、本人(ダオ)、妻(タコ)の名前から一文字ずつ使われて付けられたそうです。

やたか/秋田ふじ/早生ふじ<リンゴ

●やたかの特徴

果実の大きさはふじよりも若干大きめで、平均350g程とされています。果皮の色は赤く色付きやすく、全体に色周りも良いです。縞模様は比較的強く現れる傾向にあります。

果肉は黄色く、基本的には「ふじ」と同じ感じです。きめはやや粗めで噛んだ感じは硬すぎず柔らかすぎずと言うくらいで、ふじを食べているのと区別は付きません。ふじでもそうですが、個体差があり、ものによっては蜜が入ることもあるとされています。

果実の貯蔵性はふじと同じく普通、冷蔵とも非常に長いとされています。

今回写真を撮ったものは260~280g程の小ぶりのもので蜜は入っていませんでした。

■やたかの主な産地と旬

●主な産地と生産量

主な産地はやたかが生まれた秋田県で、「秋田ふじ」とも呼ばれています。

政府のデータを見ると、栽培面積では秋田県が全国の半分以上を占め、次いで青森県、山形県となっています。

●やたかの収穫時期と旬

成熟期は育成地において10月10日~20日で、「ふじ」より20日以上早いです。

収穫は10月上旬から下旬にかけて行われ、出盛りの旬は中旬から下旬の「ふじ」が出回リ始めるまでとなります。

品種 9月 10月 11月 12月
やたか                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。