ノバ・オレンジ/ノバ・マンダリン:特徴や主な産地と旬

ノバ・オレンジ/ノバ・マンダリン

■ノバ・オレンジとは?

●アメリカ生まれのマンダリン

ノバ・オレンジ/ノバ・マンダリン

ノバ・オレンジと呼ばれているものは1960年代にアメリカで「クレメンタイン・マンダリン」と「オーランドタンジェロ」との交配によって生まれたマンダリンの一種とされ、ポンカンなどと同じ仲間に当たります。アメリカでは『Nova mandarin(ノバ・マンダリン)』と呼ばれています。近年ではオーストラリアで大規模に栽培されているようです。

●ノバ・オレンジの特徴

ノバ・オレンジ/ノバ・マンダリン

果実の形は温州みかんに近い、やや扁平な球形で、表皮はやや硬く、艶があり、赤みを帯びた濃い橙色をしています。 中の果肉はとてもジューシーで、オレンジのような食感で、ジョウノウ膜は薄く、そのまま果肉と共に食べてもあまり気になりません。ただし、種があるので注意してください。

ノバ・オレンジ/ノバ・マンダリン

香りはとても良く、甘味酸味とも穏やかで、さっぱりとした味わいの物が多いように感じられます。

なお、皮は薄い割りに結構硬いので剥きにくいですが、ジョウノウ膜との分離はしやすく、手で剥く事はできます。ただ、温州みかんのようにはいかず、小さく細切れにはなってしまいます。

■ノバ・オレンジの主な産地と旬

●主な産地と生産量

ノバ・オレンジ/ノバ・マンダリン

政府がまとめた平成23年産の統計では宮崎県の15トンのみとなっています。宮崎ではかつて盛んに栽培された時期があるようですが、近年は栽培面積、出荷量共に減少しています。また、現在佐賀県や長崎県、愛知県などでも作られています。平成23年は右の佐賀県産のものを良く見かけました。

●ノバ・オレンジの収穫時期と旬

収穫時期は12月中旬から1月中旬あたりまでとなっています。旬も同じ時期になります。

旬のカレンダー

品種 11月 12月 1月 2月
ノバ・オレンジ                        
ノバ・オレンジ/ノバ・マンダリン

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。