旬の食材百科トップ / 果物トップ / 果物の旬カレンダー / ブログ /

フルーツトップ


 
旬のカレンダー 栄養と効能 産直お取寄せ

アボカド(アヴォカド)の選び方と保存方法や食べ方

アボカド(アヴォカド)

■美味しいアボカドの選び方

●よく熟したものを使いましょう

アボカドは、青いうちに収穫され、追熟させて美味しくなるかじつなので、食べる時には丁度良い具合に熟した状態で食べたいですね。青くて硬いものは、生で食べるととても美味しくない料理になってしまいます。

●選ぶポイント

いつ使うのかで選ぶポイントは違います。すぐに使うのであればよく熟している物を選ばなければなりません。ふっくらとしていて、皮の色が黒くなっているもの、触った時にカチカチではなく少し柔らかい弾力があるもの、そして、へたの部分が少し乾いたような感じで、浮いてきている物を選びます。押した時にグニャっとへこむものは熟しすぎなので避けてください。でも、次から次にお店の物をへこまさないでくださいね。

■アボカドの保存方法

●未熟なアボカドは追熟させる

買ってきたアボカドがまだカチカチだったり、皮の色がグリーンの場合は追熟させます。その時の温度は20度がベストです。アボカドは温度が5度以下の場所においておくと低温障害を起こして駄目になってしまいます。また27度を超えるような熱い場所でも傷んでしまいます。

早く熟させたい場合はバナナやリンゴ、メロンなどエチレンガスを発生させる果実と一緒に袋に入れておくと熟成が進みます。

●食べ頃に熟したアボカドは冷蔵庫へ

丁度良い具合に熟してきた物はビニールやポリの袋に入れて冷蔵庫に入れておきます。それでも2、3日中には食べるようにしてください。

切って使いかけの物は空気に触れたところから色が変わるので、出来れば種つきの半分の状態でレモン汁をかけ、ラップでぴったりと包んで冷蔵庫に入れておきましょう。

●アボカドの冷凍保存

よく熟した物は半分に割り、種と皮を剥いた状態にし、レモン汁をからめてからピッチリとラップで包んで冷凍します。解凍は自然解凍してください。

または、果肉だけのじょうたいにし、レモン汁をからめてからジップロックなど密封できる袋に入れ、手で軽く潰してから空気を抜いて冷凍します。解凍はやはり自然解凍で、ディップやソース、ポテトサラダなどに使います。

■アボカドの美味しい食べ方

●種と皮を取り除きます

アボカドアボカドは皮を剥く前にまずヘタからお尻に向けて縦に半分にナイフを入れ、真ん中の種に沿ってくるっと一周させます。それから、両側を手で持ってくるっとひねると綺麗に半分に割れます。種の付いている方に、包丁のかかとの部分をコツンと刺してひねると簡単に種がはずせます。その状態にしてから皮を剥くと手がぬるぬるになったり、柔らかい果肉を潰すことなく綺麗に出来ます。

●レモン汁を用意しておく

アボカドは皮を剥いたり、切った後は茶色く変色します。リンゴなどと同じで、レモン汁を絡めることで幾分抑えられます。

●未熟なものを美味しく

未熟な固いアボカドは生のままでは美味しくないものです。ところが、天ぷらやフライにすると美味しく食べる事が出来ます。

●主な料理

基本的には野菜としてサラダ系の料理に使われます。また、ディップなどにもよく使われます。

生クリームとの相性は抜群です。ムースにして前菜にしても良いでしょう。

カリフォルニア巻をはじめ、寿司ネタにも使われています。

デザート的にはあまり見かけませんが、プリンやバターケーキのような焼き菓子にすることが出来ます。

●アボカドを使ったレシピ いろいろ

主な料理レシピサイトのアボカドを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド E・recipes キッコーマン
ホームクッキング
レシピブログ 楽天レシピ 節約レシピ

 

アボカドの特徴と旬や産地 →

アボカドに含まれる栄養素とその効能はこちら →

アボカドの画像一覧 →

 

ページトップに戻る


 
 
 

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします




 
     

  ページトップへ / 旬の食材百科トップ / 栄養と食材 / 魚貝 / 野菜 / 果物 / ブログ
旬の魚のお取り寄せ / 旬の野菜お取り寄せ / 旬の果物お取り寄せ / サイトポリシー / 管理者

関連リンク ; 

旅しようよ / 幸せにしてくれるレストランを探そう!
飲食店開業ブログ / 全国特産・名物・ご当地グルメ / フーズリンク

旬の陸釣りノート / 「旬の食材百科」 これ食べてみた

Copyright (C) 2003 -2013 旬の食材百科 All Rights Reserved by Foodslink.jp