さちのか/幸の香:いちごの品種

さちのか(サチノカ)

■さちのか/幸の香とは

●「とよのか」×「アイベリー」

さちのか(サチノカ)

 「さちのか」は旧野菜・茶業試験場久留米支場(現農研機構九州沖縄農業研究センター野菜花き研究施設)において「とよのか」に「アイベリー」を交配して育成された促成栽培向きの品種で、2000年2月に品種登録されました。

 「さちのか」は長崎県や佐賀県などを中心に2019年現在も多くの生産者がおり、市場でもよく目にする品種の一つです。

●さちのか/幸の香の特徴

 「さちのか」の果皮の色は濃い鮮赤で、果形は長円錘、果実の大きさはやや大きめです。

さちのか(サチノカ):いちご

 果肉の色は淡紅色で、果心も淡赤色をしているの出、ジャムやピューレにすると綺麗な濃い色のものが作れます。その分、熟しすぎると黒ずんだ赤になりやすいです。これはさちのかの特徴でもある酸化による黒化で、熟したものは収穫後時間と共に黒ずんだ濃い赤に変色してきます。

 また、果肉はかなり硬く、輸送性、日持ち性に優れています。

 香りはやや強く、味は酸味が穏やかで、甘みとのバランスが丁度良い感じ。もちろん好みや栽培環境によって違いはあります。

 他のイチゴに比べ、ビタミンCが多く含まれているとされています。

さちのか(サチノカ):いちご

 農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『-----

 果皮の色は鮮赤、果形は長円錘、果実の大きさはやや大、果肉色は淡紅、果心の色は淡赤、果実の光沢は良、果実の溝は少である。

 果実の硬さはかなり硬、無種子帯はほとんどなし、そう果の落ち込みは落ち込み小、そう果のアントシアニン着色及びそう果数は中、果実の香りはやや多である。

 可溶性固形分含量はかなり高、酸度はやや低、日持ちは長である。

 「とよのか」と比較して、小葉が小さいこと、果形が長円錘であること、果実が硬いこと等で、「女峰」と比較して、小葉が小さいこと、果肉色が淡紅であること、果実が硬いこと等で区別性が認められる。

-----』以上、抜粋。

●ステビア農法で作られた「さちのか」も登場

 千葉県では「さちのか」をステビア農法によって栽培し、「紅つやか」という商標で出荷しています。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。