アカメバル(赤眼張/あかめばる):特徴や産地と旬

アカメバル(赤眼張/あかめばる)

■アカメバル(赤眼張/あかめばる)

●アカメバルとは

分類:魚類 > 条鰭綱 > カサゴ目 > カサゴ亜目 > メバル科 > メバル亜科 > メバル属(日本海洋データセンターより)

学名:Sebastes inermis Cuvier, 1829

和名:あかめばる/赤眼張、赤目張

英名:rockfish

別名:メバル

 クロメバル、シロメバル、アカメバルの三種はかつて「メバル」という同一種として扱われていましたが、2008年に見直され、「シロメバル」、「アカメバル」、「クロメバル」をそれぞれ別種とみなすよう分類されました。

●アカメバルの生態と分布

アカメバル

 アカメバルは沿岸近くのガラモ場やアマモ場に多く、「日本産魚類検索全種の同定第三版」によると日本近海での分布は北海道〜長崎県の日本海側、岩手県、相模湾〜紀伊水道の太平洋側、瀬戸内海東部、宮崎県となっており、朝鮮半島東岸にまで及ぶようです。

メバルは卵胎生の魚で、11月頃に交尾し、12月から2月に稚魚を出産します。

●アカメバルの特徴

 アカメバルは体側及び胸ビレが赤色からオレンジ色です。体の形はクロメバル、シロメバルと見分けがつかない程そっくりで、目が大きく少し張り出しています。体の割りに背ビレや腹びれ、尻ビレなども大きく、涙骨やエラブタに鋭いトゲがあります。

 クロメバル及びシロメバルとは、生息場所や体色の他、側線有孔鱗数が36~44であること、胸ビレが通常15軟条であること、生時、両目の間に不定形の暗色班がある(死後は消滅するので注意が必要)ことなどで見分けられますが、同定が困難な個体も多い。

●主な産地

 全国の沿岸で獲れます。

■アカメバルの旬

 アカメバルは、メバル三種の他のメバル同様、出産を控えた秋から冬が最も脂がのって美味しい旬となります。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ウスメバル                        
エゾメバル                        
メバル三種                        

■シロメバルの画像ギャラリー

各画像をクリックしていただければ拡大画像がご覧いただけます。

アカメバル アカメバル アカメバル アカメバル アカメバル

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP