峰満イエロー(ほうまんイエロー) <スモモの品種

峰満イエロー(ほうまんイエロー)<スモモ

■峰満イエローとは?

●「秋姫」の枝変わり品種を袋がけ栽培したものの商標名

峰満イエロー(ほうまんイエロー)<スモモ

峰満イエローは山形県上山市の鈴木秀峰園において発見された「秋姫」の枝変わりから選抜育成されたもので、品種登録はされておらず、鈴木秀峰園によって商標として登録されています。

袋がけ栽培することにより、とても美しい黄色のスモモとして収穫され、秋姫の味の良さも引継ぎ、近年非常に人気が高まっている品種となっています。

●峰満イエローの特徴

峰満イエロー(ほうまんイエロー)<スモモ

果実の大きさは秋姫の系統だけあって140~180g程と大きめで、形はやや果頂部が高い傾向にあります。

果皮は全体に美しい黄色で、果粉に覆われています。

果肉は黄桃のように黄色く、種の周りはやや色が薄く白っぽくなっています。秋姫と同じように、種と果頂部の間に空洞ができやすいようです。

若い間は肉質がやや固めですが、熟すと黄桃と同じくらいになり、果肉の甘さや風味は黄桃のそれと同じくらいとても甘くジューシーで、皮の部分に含まれる酸味も強くなく果肉の甘味を引き締める隠し味程度となっています。

■峰満イエローの主な産地と旬

●主な産地と生産量

峰満イエロー(ほうまんイエロー)<スモモ

峰満イエローは山形県上山市の鈴木秀峰園をはじめ、その近隣の数軒でしか栽培されていません。当然出荷量も非常に限られている上、知る人ぞ知る人気品種なので、見かけたらその場で買わないとなかなか入手できません。

●峰満イエローの収穫時期と旬

峰満イエローは秋姫より更に晩生で、日本すももとしては、季節はずれの9月下旬頃から10月上旬に収穫されます。市場に出回るのは10月上旬から中旬の間のほんの一時期となります。

品種 8月 9月 10月 11月
峰満イエロー                        
秋姫                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。