サンセプト<スモモの品種

サンセプト スモモ すもも

●サンセプトとは

◆「太陽」の自然交雑種

サンセプト スモモ すもも

サンセプトは山形県の渡辺誠一氏が1996(平成8)年に自身のほ場(山形県西村山郡大江町)において、「太陽」の自然交雑種子をは種し、その実生の中から選抜育成したもので、2004(平成16)年に登録出願、2006(平成18)年に品種登録されています。

9月中旬に成熟する晩生種で果実は大玉になるすももです。

◆サンセプトの特徴

農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『- - - - -果実の外観は短楕円、果頂部の形はやや平、梗あの深さ、広さ及び赤道部の縫合線の深さは中、梗あ部の縫合線の深さは浅、果実の大きさはかなり大、果皮の地色は黄、着色は紅紫、濃さはかなり濃、形は全面、果粉の多少は多である。果肉の色は淡黄、変色は晩、硬さはやや硬、粗密は密、繊維の多少は少、果汁の多少は多、甘味及び酸味は中、渋味及び苦味は無、香気は少である。核の形は楕円、大きさは中、核と果肉の粘離は半離、色は黄褐、紋様は網状である。開花期は中、成熟期は晩で育成地においては9月中旬である。自家結実性は弱、果実の着色の難易は易、生理落果の多少及び裂果はかなり少である。- - - - 』以上抜粋。

サンセプト スモモ すもも

◆実際に食べてみた食味

今回入手したものは山形県産のもので、果皮色は濃赤から明るい赤で、果肉は黄色に近いクリーム色をしていました。縦にナイフを入れひねっても果肉と種は身離れせず、ナイフで種から果肉を切り離さなければなりません。

食べてみると、果肉はややしっかりとした歯触りがありますが、果汁はいい感じに含まれていました。皮の部分にはしっかりとした酸味が感じられますが、果肉自体は甘味が強く、酸味は強くいありません。全体的に味が濃く感じられました。

●サンセプトの主な産地と旬

◆主な産地と生産量

政府がまとめた平成25年産の全国の栽培面積では、山形県の5.2haのみとなっています。

◆サンセプトの収穫時期と旬

育成地の山形県において9月中旬頃に成熟するとされていますが、収穫が始まるのは9月上旬辺りからで、出回るのは9月上旬から下旬にかけてとなります。

品種 8月 9月 10月 11月
サンセプト                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。