ブドウの品種:甲斐路(かいじ)

甲斐路(かいじ)

■甲斐路(かいじ)とは?

●フレーム・トーケー×ネオ・マスカット

ブドウの品種:甲斐路(かいじ)

山梨県の,植原葡萄研究所で生まれた欧州種の赤ブドウです。1977年9月に品種登録されています。

『本種は日本の気候下で栽培できる「赤いマスカット」と呼べる純粋欧州種であり、その最大の理由は、降雨による裂果 がないことである。円錐形甚大房400~600g。先尖卵形甚大粒8~16g(29×25mm)。粒着適度で花流れは少なく、摘粒はネオマスカットよりはるかに容易。明るい鮮紅色、外観優美で花のように美しい。果 粉は多く、果皮は強靭で裂果しない。果芯が太く種子に届くまで深く、脱粒しない。貯蔵性、輸送性もブドウ中で最も強いものの一つ。果 肉は崩解性で緊まっているが欧州種としてはやや軟らかく多汁である。果皮と果 肉は分離しないので、一部、皮を剥いて食べるといい。糖度は極めて高く18~23度で上品なマスカット香がある。(中略)渋味なく、酸は適度かやや少ない。熟期は晩生で9月中旬~10月上旬。』 ----植原葡萄研究所----

●甲斐路の特徴

ブドウの品種:甲斐路(かいじ)

「赤いマスカット」という別名があるように、華やかなマスカットの香りをもつブドウで、糖度も非常に高くなります。皮はむき難く、また、皮のところに旨みがあるので、一度口の中でかみ締めてから皮を出すようにするといいです。ただ、種があるので、噛むときは注意してください。

■甲斐路(かいじ)の主な産地と旬

●全国の甲斐路(かいじ)栽培面積

平成21年の栽培面積を見ると、全国で59.8haで甲斐路が作られています。主な産地は名前にもなっている甲斐の国、山梨県です。全体の9割以上が山梨県で作られ、そのほかでは長野県や新潟県、群馬県、山形県などでも少し作られています。

●9月中旬から10月中旬

甲斐路が出回る旬の時期は9月中旬ごろからで、一月間ほど続きます。

品種 8月 9月 10月 11月
甲斐路                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。