美濃娘/みのむすめ:特徴や産地と旬

美濃娘/みのむすめ 岐阜県のいちご イチゴ

●美濃娘とは

◆岐阜県のオリジナル品種

美濃娘/みのむすめ 岐阜県のいちご イチゴ

美濃娘は1997(平成9)年に岐阜県農業技術研究所(現岐阜県農業技術センター、岐阜市)において、「女峰」と「宝交早生」を交配してできた系統と「とよのか」と「濃姫」を交配してできた系統とを交配し、その実生の中から選抜・育成された岐阜県のオリジナル品種で、2004(平成16)年に登録出願公表、2007(平成19)年に品種登録されています。

◆美濃娘を実際に食べてみた食味

美濃娘/みのむすめ 岐阜県のいちご イチゴ

果実は大粒の円錐形で、表皮の艶がよく手にした感じもやや硬めでしっかりとしていました。

切ってみると中の果肉は白く、果芯部にはすこし空洞も見られます。

食べてみると、香りがよく、特別甘味が強いというほどではありませんが、甘味酸味のバランスが良いので美味しいです。

◆品種登録データベースでみる美濃娘の特徴

美濃娘/みのむすめ 岐阜県のいちご イチゴ

農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『- - - - - -果実の縦横比は縦長、大きさはやや大、果形は円錐、果皮の色は赤、果実の光沢はやや強、そう果の落ち込みは落ち込み小、がく片の着き方は離、果径に対するがく片の大きさはやや大、果実の硬さは硬、果肉色及び果心の色は白、果実の空洞は中である。開花始期は中、成熟期はかなり晩、季性は一季成りである。- - - - - -。』 以上、抜粋。

●主な産地と旬

◆美濃娘の主な産地

美濃娘/みのむすめ 岐阜県のいちご イチゴ

美濃娘は岐阜県のオリジナル品種として、岐阜県内だけで栽培出荷されています。

主な産地は岐阜地域、各務原地域、本巣地域となっています。

◆美濃娘の収穫時期と旬

収穫は11月中旬頃から始まり、5月下旬頃まで続きます。出荷の最盛期は12月から3月にかけてとなります。

旬のカレンダー

旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
美濃娘                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。