ブドウの品種:ロザリオ・ビアンコ

ロザリオ ビアンコ ぶどう/ブドウ

■ロザリオ ビアンコとは?

ロザリオ ビアンコ ぶどう/ブドウ

●ロザリオ・ビアンコの概要

ロザリオビアンコは山梨県の植原葡萄研究所において、1976(昭和51)年に「ロザキ」に「マスカット・オブ・アレキサンドリア」を交配し生まれた実生を育成した白ブドウ品種で、1987(昭和62)年に品種登録されました。

露地栽培も可能な大粒高級ブドウとして生産者にも人気が有り。消費者にも店頭に並ぶ白ブドウ品種の中では、シャインマスカットに並ぶ人気のブドウとなっています。

●ロザリオ ビアンコの特徴

ロザリオ ビアンコ ぶどう/ブドウ

ロザリオビアンコは房全体も大きく、果梗と果粒がしっかりと付いているため脱粒しにくく、輸送性に優れています。

ロザリオ ビアンコ ぶどう/ブドウ

果粒は一粒8~15gと大きく、倒卵形で、果皮の色は明るい黄緑色をしていて、やや厚みがあり、果肉としっかりと付いているため皮が比較的むきにくいブドウです。

果肉は透明感のある黄緑色で、やや締りがある崩壊性で、口に入れたときにしっかりと存在感が感じられます。噛むと果汁が滴るようにあふれ、甘みが強い割りに酸味が少なく、糖度の割りにまろやかな甘みを感じます。香りはありません。

皮はむきにくく、薄いものは皮ごと食べる方が良いでしょう。ただ、種が少し入っているので、噛むとき注してください。

ロザリオビアンコ

■ロザリオビアンコの主な産地は

●全国のロザリオビアンコ栽培面積

上のデータは政府がまとめた平成22年の栽培面積です。主な産地は山梨県で全国の半分近い46%を占めています。次いで長野県と山形県となっています。山梨県では特選農産物の指定品種となっています。

(※上のデータは生産量ではなく栽培面積で、単位はtではなくhaの間違いです。申し訳ございません。)

■ロザリオビアンコの収穫時期と旬は

●ロザリオビアンコの収穫時期

成熟期は育成地(山梨県甲府市)において9月上中旬の中生種となっています。収穫は速いところでは8月中旬くらいから始まるようです。収穫のピークはやはり9月に入ってからで、9月いっぱい続き、遅いところでも10月中旬あたりまでとなります。

●出盛りの旬の時期

ロザリオビアンコの旬は出盛りの時期が始まる9月初旬から下旬にかけての1ヶ月間ほどです。

品種 7月 8月 9月 10月
ロザリオビアンコ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。