マガレイ:生態や特徴と産地や旬

マガレイ,口細ガレイ,真鰈,クチボソ

●マガレイの生態や特徴

◆マガレイとは

分類:魚類 > 条鰭綱 > カレイ目 > カレイ科 > カレイ亜科 > マガレイ属(日本海洋データセンターより)

学名:Pseudopleuronectes herzensteini(Jordan & Snyder, 1901)

和名:まがれい/真鰈

英名:Yellow striped flounder

別名:クチボソガレイ、アカガシラ、アカジガレイ、

 マガレイはカレイ科マガレイ属に分類されるカレイで、漢字で「真鰈」と書くように、カレイの中でも総菜魚として広く親しまれてきた種である。マガレイ属には本種より格上に扱われるマコガレイの他、クロガレイクロガシラガレイが含まれる。

 福井県をはじめ、北陸から山陰にかけては「クチボソガレイ(口細がれい」と呼ばれているが、これはマガレイの口が小さいことに由来する。山形や青森などでは「アカガシラ」と呼ばれるほか、相馬など仙台湾に面した辺りでは「アカジガレイ」と呼ばれている。

◆マガレイの生

 マガレイは東北から北海道、および日本海沿岸各地に見られ、「日本産魚類検索全種の同定第三版」によると日本近海での分布は北海道全沿岸、青森県〜長崎県の日本海・東シナ海沿岸、青森県〜福島県の太平洋沿岸、瀬戸内海(兵庫県高砂・加古川)とされ、海外においては渤海〜東シナ海北部、朝鮮半島南岸・東岸〜間宮海峡の日本海沿岸、サハリン南東岸〜千島列島南部とされる。

マガレイ,口細ガレイ,真鰈,クチボソ

 水深100m以浅の砂泥底でゴカイなどの多毛類や、小エビ等の甲殻類、小魚などの他などの他、クモヒトデなどを食べて生息している。

 産卵期は海域によりずれがあり、春から初夏(2~6月)にかけてで、北に行きほど遅く、その時期には水深15~70mの浅場にきて産卵する。

◆マガレイの特徴

マガレイ,口細ガレイ,真鰈,クチボソ

 マガレイは標準体長50cm程になる。体は典型的なカレイ型で、著しく側偏した体を左に倒し、両眼が右側に集まっている。

 口が小さく、やや尖っており、両目の間にはウロコがない。

マガレイ,口細ガレイ,真鰈,クチボソ

 体色は有眼側は全体に黒っぽい褐色で、無眼側はやや透明感のある白だが、後半から尾柄にかけて両側に黄色帯がある。これは鮮度が落ちてくると薄れていく。

マガレイ,口細ガレイ,真鰈,クチボソ

 近縁種のマコガレイとは、マコガレイは両目の間にウロコがあることと、無眼側の後半に黄色帯が無いことなどで見分けられる。

●マガレイの主な産地と旬

マガレイ,口細ガレイ,真鰈,クチボソ

◆主な産地と漁獲量

 マガレイは主に底引き網や刺し網、底建網等によって漁獲される。主な産地は北海道をはじめ東北地方や北陸地方。

 底引き網でまとまって漁獲されるため、値は安い。

 マガレイも近年資源の減少が問題になり、各地で稚魚の放流が行われるようになってきた。

◆マガレイの漁獲時期と旬

 マガレイはほぼ通年どこかで漁獲されているが、子持ちの時期は身に締まりがなく味が落ち、夏から秋にかけて身が充実し美味しい旬となる。ただし、子持ちが好きという方は春ということになる。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
マガレイ                    

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP