アイナメ/アブラメ:目利きと料理

アイナメ/アブラメ

 アイナメ/アブラメを選ぶときのポイント、目利きや、美味しい食べ方と調理方法、主な料理、料理レシピなどを沢山の写真と共に紹介します。

●目利きのポイント

◆生きているものか活〆されたもの

 アイナメは鮮度落ちが早い魚なので、できれば活け物、そうでなければ活〆されたものを選びましょう。

◆目が澄んでいるもの

アイナメ/アブラメ

 目が生きているときのように澄んでいるかチェックします。濁ったものは鮮度が落ちていると考えましょう。

◆体色がはっきりとしていて腹が硬いもの

 色自体は生息環境によって大きく差があるので、全体にぬめりに艶があり模様や色合いがはっきりしているかどうかを見ます。また、はらを触ってみて緩んでいないものを選びましょう。

◆エラが鮮紅色のもの

アイナメ/アブラメ

 アイナメの場合もエラを見て、鮮やかな赤い色のものを選びます。鮮度が落ちるに従い色が抜け、肌色から茶色っぽくなってきます。

◆クジメとの見分け

 アイナメの側線は5本ですが、クジメは1本しかありません。また、尾ビレはアイナメが終端がまっすぐなのに対し、クジメは丸みがあります。

●アイナメの美味しい食べ方と料理

◆調理のポイント

 アイナメは旨みの多い白身の魚で、弾力のある食感が特徴です。皮はやや厚く少し小骨がありますが、色々な料理に使えます。

2017年3月に日テレ「ザ!鉄腕!DASH!」では「煮魚の王」としてテレビで紹介されていました。。

◆鮮度が良いものは刺身で

アイナメ/アブラメ

 鮮度が良いものが手に入ったら是非刺身で食べたい魚です。皮はやや厚みがあり、そこに旨みもたくさんあるので、皮つきのまま香ばしく焼き霜にするのがお勧めです。皮は苦手な方は皮を引いてもコリコリした弾力があり、程よい脂が旨みとともに感じられる美味しい白身の刺身が楽しめます。


◆アイナメの握り

アイナメ/アブラメアイナメ/アブラメ

 刺身でイケるなら当然握り鮨のネタにもなる。身は固すぎずシャリとの馴染みが良い。夏の握りのネタとしても上ネタとなります。

◆椀だねに

 アイナメは料亭などでは夏の椀だねとしても良く使われます。小骨があるので、ハモのように骨切りしたものを使い、薄味に出しを効かせた中に入れたり、葛餡をかけたりします。

◆煮付けやブイヤベース、アクアパッツアに

アイナメのアクアパッツア

 煮付けはもちろんですが、洋風にアクアパッツアにしたり、ブイヤベースなどにもお勧めの魚です。

 プリッとした身離れの良い白身で、特にほほの部分の身はとても美味しいです。

◆揚げ物

 から揚げなど、揚げ物にしても美味しいです。

◆アイナメを使った料理をレシピサイトで探す

 主な料理レシピサイトのアイナメを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP