サワラ/鰆/サゴシの生態や特徴と産地や旬

サワラ/鰆 /さわら

●サワラ(鰆)の生態や特徴

◆サワラ(鰆)とは

分類:動物界 - 脊索動物門 - 脊椎動物亜門 - 有顎上綱 - 魚類 - 条鰭綱 - 新鰭亜綱 - 真骨下綱 - 棘鰭上目 - スズキ目 - サバ亜目 - サバ科 - Scombrinae(サバ)亜科 - Scomberomorini(サワラ)族 - サワラ属(日本海洋データセンターより)

学名:Scomberomorus niphonius(Cuvier, 1832)

和名:さわら/鰆

英名:Japanese spanish mackerel

出世魚:関東>約50cmを境に小さいものを「サゴチ」、大きいものを「サワラ」、関西>「サゴシ」→「ヤナギ」→70cm以上をサワラ

サワラ/鰆 /さわら

サワラ(鰆)はサバ科の魚で、比較的大型になる。近縁種にはヒラサワラ、カマスザワラ、ヨコジマザワラなどがあり、ス-パーなどではこういった近縁種の切り身もサワラとして売られていることがある。名前の由来は細長く腹が狭い「狭腹」からと言われ、サゴしも同じように「狭腰」からとされている。

◆サワラ(鰆)の生態

サワラは北海道南部辺りから本州、四国、九州の沿岸から朝鮮半島沿岸、東シナ海に及ぶ東アジアに分布し、水温が上がる春から秋頃にかけては表層を回遊しながら小魚などを捕食し、水温が下がると深場に移動し生息する。

産卵期は春から初夏にかけてで、寿命は6~8年とされ、孵化後1年で40~50cm、2年で60~70cm、3年で80cm程になると言われている。

◆サワラ(鰆)の特徴

サワラは体長が1m以上にもなる魚で、「狭腹」と書かれるように胴体が側偏し縦に細長い形をしている。各鰭は灰色だが、腹ビレは真っ白で体の割に小さい。背ビレ、尻ビレと尾ビレの間には背、腹ともにサバ科特有の小離鰭が並んでいる。

さアラの体側模様

体色は背が青灰色で光の加減で上から見ると黒っぽく見えるが、横から見るとそれほど濃い色には見えない。腹側は銀白色で、体側は多数の青褐色の丸い斑紋が並んでいるのが特徴。

サワラの肉は見た目は白身だが肉質の成分的には赤身魚とされている。肉質はやわらかく、味は大きさによって大きく差があり、小さいセゴシクラスは脂が少なく淡白で価格も安い。しかし大きいもの、特に冬に獲れる寒鰆と呼ばれるものは脂がのり、刺身はマグロの中トロに匹敵するとまでいわれ、高級魚として扱われている。

■サワラ(鰆)の主な産地と美味しい旬の時期

●サワラ(鰆)の主な産地は

右のデータは政府がまとめた平成27年の全国のサワラ漁獲量。

この年は福井県が最も多く、次いで石川、京都と続いている。全体的に北陸から山陰にかけての日本海側で沢山獲れている事が分かる。

その他、瀬戸内海も古くからサワラの産地として有名。

近年では国内の漁獲高が減少したこともあって、中国・韓国、オーストラリアなどからの輸入物も多く流通している。

●サワラ(鰆)の旬は春?それとも冬?

サワラ/鰆 /さわら

春が旬の魚なので「鰆」と書き、俳句でも春の季語となっている。これはサワラが5月~6月にかけて産卵のため外洋から瀬戸内海などに押し寄せてきて沢山獲れる時期だったことが由来。この時期春先から初夏にかけて、土佐に始まり和歌山や岡山などの漁期にあたる。こういった地方では古くからこの時期にサワラを獲って食べていたため、真子や白子と共に食べる文化があるので、この時期が旬とされている。

しかし関東などでは主に白身の味を楽しむほうが主体で、「寒鰆」と言われる産卵期前の脂がのった12月~2月の真冬が旬とされている。

どちらもそれぞれ違った美味しさがあって旬と言えるが、産卵を終えたばかりの夏のサワラはいただけない。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
サワラ 関東                        
関西                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP