ナミガイ/波貝/シロミル/白みる:生態や特徴と産地や旬

ナミガイ/波貝/シロミル/白みる

●ナミガイ/シロミルの生態や特徴

◆ナミガイとは

分類:軟体動物門- 二枚貝綱 - 異歯亜綱 - Heterodonta incertae sedis(所属不明) - キヌマトイガイ上科 - キヌマトイガイ科 - ナミガイ属

学名:Panopea japonica A. Adams, 1850

和名:なみがい/波貝

英名:Geoduck

別名:白みる貝/シロミルガイ、オキナノメンガイ

ナミガイ(白ミル)とミルクイ(本ミル)

 ナミガイはキヌマトイガイ科ナミガイ属の二枚貝で、一般的には「白ミル」もしくは「ミルガイ」と呼ばれている。

 寿司ネタで知られるが、もとは別種のミルクイが使われていたのだが、これが獲れなくなり非常に高価な食材となってしまったため、それに代わる貝として広く利用されるようになり広く認知された。今や本家のミルクイの方が知る人ぞ知るネタとなりミルガイと言えばナミガイを指すようにさえなっている。市場などでは殻の黒いミルクイを「本ミル」、全体に白いナミガイを「白ミル」と呼び分けている。

◆ナミガイの生態

 ナミガイは九州から北海道の沿岸からサハリンに分布し、潮間帯から水深30m程の砂泥底に体を縦に30~40㎝も深く潜らせ、長く伸ばした水管の先を砂泥から突き出しプランクトンや有機物などを濾過して食べ生息している。

◆ナミガイの特徴

ナミガイ/波貝/シロミル/白みる ナミガイ/波貝/シロミル/白みる

 ナミガイはとても面白い形をしている。殻長は10cmを超え殻高7cm程の丸い長方形の殻でサンドされた身体は殻に対して大きく、水管が殻の中にほとんど納まらず長く突き出ている。殻は蝶番部分以外は上下が完全に閉じることができず上下の外套膜外縁(ヒモの部分)は一体化し外から異物が侵入するのを防ぐが、そのため開くことは出来ない。

殻を開けたナミガイ/波貝/シロミル/白みる

 殻の表面は成長線が見られるが比較的滑らかで、殻はもろく割れやすい。

 水管は筋肉質で、表面はしっかりとした皮に覆われている。

 多くの二枚貝は足と内臓嚢が一体となっているが、ナミガイの脚は退化し痕跡程度しかないか消失してしまっており大きな内臓嚢だけが真ん中に収まっている。

●ナミガイ/シロミルの主な産地と旬

◆ナミガイの主な産地と漁獲量

ナミガイ/波貝/シロミル/白みる

 ナミガイの主な産地としては愛知県が有名。その他千葉県や瀬戸内海に接する各地などで漁獲されている。

 この貝もかつては大量に漁獲されていたが乱獲により激減し、価格は上がっている。

◆ナミガイの漁獲時期と旬

 ナミガイの旬は3~5月にかけて。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ナミガイ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP