コウイカ/甲烏賊(スミイカ/墨烏賊)

コウイカ

■コウイカ(甲いか)とは

●コウイカ目コウイカ科コウイカ属 (英)Cuttlefish

コウイカ(甲いか)は関東あたりから南に生息するイカで、背部の外套膜の内側に甲羅状の骨がある事から甲烏賊と名づけられています。また、墨を沢山出す事からスミイカ(墨烏賊)とも呼ばれています。

大きさは20cmから30cm程度までで、丸みを帯びた甲羅を縁取るようにエンペラが広がっています。

寿命は約1年で、春から初夏に産卵の為浅瀬に来て、卵を産んで一生を終えます。

■コウイカ(甲いか)の産地と旬

●コウイカ(甲いか)の主な産地

瀬戸内海沿岸各地や九州が多い。

●コウイカの産卵期と美味しい旬の時期

コウイカは春から初夏にかけて産卵期を迎えます。産卵後に死んでしまう事もあり、旬は産卵を控え、成熟する冬から春先となります。

●新イカも美味しい

コウイカの産まれて間もない、5cmくらいの物は「新イカ」として珍重され、高い値が付いています。これらは晩夏から秋が旬となります。

旬のカレンダー
旬カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
コウイカ(スミイカ)                        
新イカ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP