ジンドウイカ/神頭烏賊(ヒイカ、小イカ)

ジンドウイカ(ヒイカ)

ジンドウイカ/神頭烏賊とは

●ツツイカ目ヤリイカ科ジンドウイカ属 

ジンドウイカは北海道南部から南、日本全国で水揚げがあります。関東ではヒイカよ呼ばれていますが、各地では単に小イカなどとして売られていたりします。もともと大きくならない種類のイカで、10cm前後くらいです。小さくずんぐりしているからか「ぼうずイカ」などとも呼ばれています。

●主な産地

福島や沼津、九州など全国各地に及びます。

●ジンドウイカ(ヒイカ)の旬

春から夏にかけて産卵し、この時期に沢山水揚げされ、旬となります。

旬のカレンダー
旬カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ジンドウイカ(ヒイカ)                        

■ジンドウイカ/神頭烏賊のの目利きと保存方法

●選ぶポイント

真っ白くなっていないものを選んでください。。

●保存

イカは新鮮なうちに、まるままの状態で冷凍しておくこともできます。また、上のように、さばいて短冊にした状態でラップに包み冷凍しておいても、食べる前に流水で解凍すれば刺身で美味しく食べる事が出来ます。

●調理のポイント

ジンドウイカ(ヒイカ)は小さいので、煮たり焼いたりする場合は内臓を獲らずにまるまま調理する事が多いのですが、刺身などにする場合は普通のイカと同じようにさばきます。

■ジンドウイカ/神頭烏賊のさばき方と料理

●イカのさばき方

  1. 1.まず、胴の中に指を入れ、筒状の外身と足や頭の接合部分を指ではずします。
  2. 2.次に、 足を束ねてもち、静かに引っ張って内臓ごと引き抜きます。
  3. 3.ゲソの部分と、 内臓を切り離し、ゲソの触手の先を切り捨てます。
  4. 4.ゲソの付け根にある目玉と、くちばしを取り除きます。
  5. 5.外身から軟骨を抜き取り、エンぺらをむしり取ります。
  6. 6.外身の皮をはがします。刺身の場合は、包丁で胴を開き、刺身の幅に合わせて切り分けます。

ゲソとワタ抜いて、中に詰め物をして揚げたり、煮たり調理しても楽しいです。

●刺身で

鮮度の良い物は刺身で食べられます。小さなものだと、ちょうど1杯分で一貫の握りが出来る感じです。身も柔らかく美味しいです。さっと湯通しして和え物にする事も出来ます。

●煮付け

煮付けてもすぐに火が通り身が固くなりにくく美味しい。フレンチのブイヤベースに使ったり、ニンニクを効かせパスタの具にしても引き立ちます。塩茹でかクールブイヨンでポッシェしたものをマリネにしても美味しいです。

●焼き物

まるまま塩焼きにして食べられます。もちろん醤油とみりんで焼いても美味しい。塩、胡椒をしてバターでソテーしても甘味があって美味しい。また、ニンニクの香りを出したオリーブオイルでさっと焼くのも美味しい。まるままも良いが、縦半分に切って、ワタも一緒に炒めるとコクが出ます。

●揚げ物

天ぷらの素材に適しています。から揚げにしても美味しい、

●イカはヘルシー

イカは、低脂肪、低カロリーそして高タンパクな食品です。

●タウリンが豊富

イカにはタウリンが沢山含まれており、胆汁の分泌を促進し、肝臓の働きを助け、 肝機能を高める働きがあると言われています。

●五訂日本食品標準成分表には記載がありません

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP