シラエビ/白海老(シロエビ、ヒラタエビ、ベッコウエビ)        (英)Glass shrimp

食べ方と扱い方 栄養と効能 旬のカレンダー 仲間の品種 産直お取寄せ

シラエビ クリックで拡大

●エビ上目十脚目抱卵亜目コエビ下目オキエビ科シラエビ属

富山や能登の特産となっているエビで、地元では「シロエビ」と呼ばれています。標準和名の「シロエビ」とは全く別の品種になり、全国の地方各地では別の小型のエビをシラエビ又はシロエビと呼ぶところもあり、混同しやすいので注意しなければなりません。体長6cmほどの極小さなエビで、「ヒラタエビ」「ベッコウエビ」などとも呼ばれています。

●主な産地

富山湾が漁場として有名です。「富山県のさかな」にもホタルイカや氷見のブリと並び指定されています。遠州灘、駿河湾、相模湾などにも生息しているようですが、このエビを獲る為の漁は行われていないとの事です。

●シラエビ(シロエビ)の旬

富山湾では4月1日から11月までが漁の解禁期間と決められており、旬は解禁と共に4月~初夏あたりになります。

シラエビ(シロエビ)のお取り寄せはこちら →

品種
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
シラエビ                        

 

                       

ページトップへ

●選ぶポイント

獲れた時は透明で、鮮度が落ちるとともに淡いピンクから白く変わってきます。なるべく透明感があり、ピンクの色が残っている物を選ぶと良いです。

●料理

  • 生で・・・刺身にするとトロッとした上品な甘さと香りが楽しめます。でも、何せ5~6cm程の大きさなので剥く手間が大変です。また、富山などではおぼろ昆布やばってら用など、優しい香りの昆布で昆布締めにしたものが名物となっています。
  • 汁もの・・・剥き身と白身魚のすり身を団子状にし、澄まし汁や吸い物の種にすると上品な美味しさを楽しめます。
  • 揚げる・・・定番はシラエビのかき揚げ。海老の香ばしい風味を堪能できます。その他、唐揚げでも美味しい。
  • 炒め物・・・釜揚げにされたものを炒め物に加えると美味しい。

●エビはタウリンを多く含んでいます

タウリンは脳卒中、高血圧、心臓病の予防や疲労回復、視力回復に有効とされています。

●アスタキサンチン

ゆでると赤くなる色素成分はアスタキサンチンと言われるもので、強い抗酸化力で発がんを抑制し、血液をサラサラにすると言われています。

●エビの殻も美味しく食べて健康に

エビやカニの殻にはキチンという不溶性食物繊維が含まれており、便秘の予防・改善に役立つだけでなく、大腸がんの予防やコレステロールを体外に排出するはたらきなどもあるとされています。

●殻ごと食べると骨が丈夫に

シラエビはかき揚げなど殻ごと食べると、カルシウムマグネシウムリンなどが非常に沢山摂取でき、骨を丈夫にし、イライラの解消などに効果があるとされています。

●低脂肪高タンパクな食材です

エビは脂肪分が少なく、良質タンパク質の比率が高い食材で、そういう意味ではとてもヘルシーです。

五訂日本食品標準成分表には記載がありません

仲間の種類

 

 

ページトップに戻る

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP