マアジ(真鯵/まあじ):旬と主な産地、料理方法や栄養価

真アジ

■アジ(鯵)ってどんな魚?

●スズキ目アジ科 (英) Horse mackerel (仏) Chinchard

豆アジ

アジ(鯵)は暖かい海を好み、北海道南部から東シナ海までの浅瀬や湾内から深海にいたるまでに広く生息しています。ゼンゴというかたいトゲのようなウロコが頭から尾にわたって並んでいるのが特徴で、日本では昔からもっとも馴染みのある魚です。

アジ科には百数十種類あると言われていますが、食用として一般に流通しているものにはマアジやムロアジ、メアジそしてシマアジなどがあります。

■主な産地は

●漁獲量の全国ランキング

アジは温暖性の魚で、北海道南部より南の太平洋、日本海のどちらにもほぼ全域にわたって分布しています。

アジの漁獲量はマアジ、ムロアジ共に長崎県が日本一です。マアジは次いで鹿児島県、和歌山県となり、上位3県で全国の半分以上を水揚げしています。

一方ムロアジは長崎県と島根県が他を大きく離し、両県合わせて全国の半分以上を水揚げしています。

●全国のブランドアジ

「ゴンアジ」、「旬あじ(トキアジ)」

長崎の沿岸物の「ゴンアジ」と沖合物の「旬あじ(トキアジ)」は長崎ブランドとして全国的にも有名です。「ごんあじ」は、五島灘の瀬付きアジで、まき網漁で漁獲後、速やかに海上のいけすで約1週間、餌を与えず「活かし込み」され、ストレスを無くしたあと出荷されます。

「野母んあじ」

これも長崎県で、長崎市野母崎町樺島沖に生息する瀬付のアジを一本釣りしたもので、26cm以上、重さ300~500gの大きいものだけに限り、さらに、釣ったアジには一切手を触れず船内の生簀に放ち、水揚げ後も港の生簀でストレスを無くしてから出荷されるものです。

「関あじ」

県のブランドで、北の関門海峡、東は瀬戸内海、そして南は太平洋から3つの海流が流れ込む豊予海峡は、栄養素を豊富に含んだ豊かな海域で、激しい潮流の中で育った瀬付きのマアジで、脂がのり非常に美味しくなります。このアジを網ではなく釣りで漁獲し、一定期間生簀で畜養して出荷前に締めるという決まりのもとに出荷されるものです。味が非常によく、価格も「アジ」とは思えない別格扱いの値段が付いています。

「岬あじ(はなあじ)」

「関アジ」と同じ漁場で、同じように一本釣りされた愛媛県佐田岬漁港に水揚げされたものを一定期間生簀で畜養して出荷前に締めるという決まりがあります。また、仲買人は通さない、100%漁協による産地直売方式をとることで鮮度管理の徹底を図っているのも特徴です。

2007年~2011年まで、大分県の水産会社が巻き網漁で捕った魚を仕入れ、一本釣りのブランド「岬(はな)アジ」「岬サバ」として販売していたと漁協が認めたようです。

それ以外にも『瀬付き』と言われる、湾内や瀬に定着しているアジは体高があり、頭部もやや丸みを帯びて味も身が締まって美味しいものがあります。

■アジ(鯵)の旬は

●地付きの物は初夏から夏が旬

年間をとおしてとれますが、旬(しゅん)は5月から7月ごろです。しかし、産地や品種によっては、相模湾のムロアジのように秋に漁獲があるようなものもあります。ただ、一般的には秋から冬にかけては入荷にばらつきがあり、脂ののりも今ひとつのようです。

●外洋を回遊するものは獲れる地方で違う

回遊型のアジは、九州の3月頃に始まり、4月頃には駿河湾沖、房総沖は5月頃です。9月の三陸沖の鯵は脂がのっていて美味しいといわれています。

 

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
マアジ                                                
シマアジ                                                

■マアジの画像ギャラリー

各画像をクリックすれば拡大画像がご覧いただけます。

真あじ(マアジ) 真あじ(マアジ)
真あじ(マアジ) アジ開きの干物
真あじ(マアジ) 真あじ(マアジ)

マアジの仲間

オアカムロアジ(赤尾アジ)

シマアジ

マルアジ

ムロアジの仲間で、相模湾や外房以南に棲息している。外見はマアジによく似ているので市場では「青アジ」とも呼ばれて区別されています。鮮魚ととして入荷される量はムロアジの中では最も多く、アジ科でもマアジに次ぐ。

クサヤムロアジ

ムロアジ類は背鰭と臀鰭の後ろに極小さい鰭があるのが特徴で、ムロアジやクサヤムロアジ、オアカムロアジなどがあります。中でもクサヤムロアジは名前にもなっているように伊豆諸島の高級な『くさや』の原料として有名です。