ヨロイイタチウオ/ヒゲダラ:目利きと料理

ヨロイイタチウオ/ヒゲダラ

ヨロイイタチウオ/ヒゲダラの選び方、目利きのポイントや美味しい食べ方、調理方法と主な料理、料理レシピなどを沢山の写真と共に紹介します。ヨロイイタチウオ(ヒゲダラ)は身が柔らかく水分が多いように感じるので、塩で軽く締めて調理する方が旨みが活きて美味しくなります。

●ヨロイイタチウオの目利きのポイント

◆色が鮮やかなもの

ヨロイイタチウオ/ヒゲダラ

ヨロイイタチウオ(ヒゲダラ)を選ぶときは、体側の色が鮮やかなもので、エラブタを開けてみてエラが鮮紅色のものが新鮮です。

◆目が澄んでいて、体に張りがある物

ヨロイイタチウオ/ヒゲダラ

目に濁りが無く澄んでいるもの。また体が硬く張りがある物を選びます。また、ヨロイイタチウオ(ヒゲダラ)は小さいものは身が薄く使い辛いので大きいものを選んだ方が良いです。

●ヨロイイタチウオの美味しい食べ方と料理

◆調理のポイント

ヨロイイタチウオ/ヒゲダラ

ヨロイイタチウオ(ヒゲダラ)は三枚におろすとタラと似た感じの肉質ですが、非常に上品な甘みを持った白身なので、あまり濃い味付けにせず、魚の旨みを引き出す程度の優しい味付けが剥いていると思います。ただ、身が柔らかく水分が多いように感じるので、塩で軽く締めて調理する方が旨みが活きて美味しくなります。

●生で

刺身では、タラのように頼りなさを感じる身質なので、塩と昆布で締めて造りにします。昆布締めされた造りは余分な水分も抜け昆布の旨みをいい感じに含んで美味しいです。

●煮付け・汁もの

やや薄味の煮付けにすると美味しい。また、澄まし汁や吸い物などの椀物にも柔らかく上品な白身が活かせます。くせが無いのでタラのように鍋ものにも向いています。身離れも良いです。

●焼き物

ヨロイイタチウオ/ヒゲダラとキノコのクリームソーススパゲッティ

幽庵焼きや西京焼きなど、身の余分な水分を抜くような焼き方が美味しい。ポアレやムニエルにする場合も、焼く前に振り塩をしてしばらく寝かせ、水分をおとしてから焼くと身がプリッとして美味しい。

●揚げ物

タラと同じように唐揚げやフライにしても美味しく食べる事が出来ます。水分が多いので、ふっくらとした食感が感じられます。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP