ブダイ - Calotomus japonicus - :生態や特徴と産地や旬

ブダイ - Calotomus japonicus -

●ブダイの生態や特徴

◆ブダイとは

分類:魚類 > 条鰭綱 > スズキ目 > ベラ亜目 > ブダイ科 > ブダイ属(日本海洋データセンターより)

学名:Calotomus japonicus (Valenciennes, 1840)

和名:ぶだい/武鯛/舞鯛

英名:Japanese parrotfish

別名:アカブダイ、イガミ、エガミ、アカエラプチャー

 ブダイは日本においてはブダイ科を代表する魚で、ブダイ属に分類されている。日本固有種と書かれている書物も多いが韓国や台湾辺りにも生息はしているようだ。

 一度にまとまった数が獲れないことや、特別美味しいと言う訳でもないため、ほとんどが産地で消費され、大きな中央市場に出荷されることがあまりない地魚のひとつ。

 和名の由来にはいくつかの説があり、大きなウロコが鎧をまとっているように見えるから「武鯛」という説や、泳ぐ様子が舞っているようだから「舞鯛」というもの、さらに不細工な鯛という意味で「醜鯛」という説などがある。

 英名の”parrotfish”は直訳すると「オウム魚」となるが、これはブダイ類の歯が癒合し、オウムのくちばしのような形状になっていることに因む。ただし、本種ブダイに関しては歯の揃いが不均一でくちばし状にまではならない。

◆ブダイの生態

 ブダイは水深10mほどの浅い海に多く、海藻の多い岩礁域や砂礫底で冬の間は主に海藻類を食べるが、暖かくなると底生のエビやカニなど甲殻類を食べるようになる。

 ブダイはメスとして生まれ、成長と共に雄に転換する雌性先熟型の性転換をすることが知られているが、中には生まれた時から雄という一次雄と呼ばれる個体もいる。

 産卵期は夏。

 「日本産魚類検索全種の同定第三版」によると日本近海での分布は伊豆諸島、小笠原諸島、千葉県千倉〜九州南岸の太平洋沿岸、兵庫県香住、島根県浜田、山口県安岡、九州北岸・西岸、伊予灘、トカラ列島、奄美大島、南大東島とされ、韓国釜山や台湾にも及ぶとされる。

◆ブダイの特徴

 ブダイはオスは全長50cm、メスは40cmほどで体形はやや側扁し体高もやや高めで、背ビレは棘状からなる前部と軟条からなる後部がくびれず尾柄近くまで一連となっている。(写真はメス)

ブダイ - Calotomus japonicus -

 ブダイ類は歯が癒合し、オウムのくちばしのような形状になっているものが多いが、本種の歯は癒合が不完全で綺麗に板状にはなっていない。

ブダイ - Calotomus japonicus -

 体表のウロコは魚体の大きさに対してとても大きいが比較的薄く柔らかい。

ブダイ - Calotomus japonicus -

 体色はオスとメス、幼魚と成魚でかなりの変異があり、幼魚から雌は全体に赤褐色系で不明瞭な暗色の斑があり、個体によっては白い斑点が混じる。成熟した雄は部分的に青色が混じり、頬に不規則な赤い斑が出現する。

●ブダイの主な産地と旬

◆主な産地と漁獲量

 ブダイは南日本で多く漁獲される。産地として知られるのは紀伊半島から四国、九州にかけての太平洋沿岸地域や伊豆諸島など。

 定置網や刺し網の他、釣りの対象にもなっているが、漁獲量はそう多くはない。

◆ブダイの漁獲時期と旬

 ブダイは食性の影響か食味に季節変動が大きい魚である。美味しい旬の時期は冬で、この時期のものを「寒ブダイ」と呼ぶ。逆に夏場は磯特有の臭みが強くなる上、産卵期でもある。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ブダイ                        

●ブダイの目利きと調理のポイント

◆全体に艶があり硬い物

ブダイ - Calotomus japonicus -

 体表全体に艶があって、触ったときにしっかりとした弾力のある硬さが感じられるものが新鮮。出来れば活〆されっているものが良い。

◆エラが鮮紅色のもの

ブダイのエラ - Calotomus japonicus -

 エラブタを開けて中のエラの色をチェックする。鮮やかな赤い色をしていれば新鮮。鮮度が落ちてくるとクリーム色や茶色やっぽくなってくる。

◆調理のポイント

 ブダイはやや透明感のある白身で生の状態では柔らかく感じるが、加熱調理すると縮んでブリンとした弾力が出てくる。

三枚におろしたブダイのフィレ - Calotomus japonicus -

 冬のものは刺身も美味しいが、夏から秋にかけては臭みが強く洗いで薬味を効かせるか酢味噌和えなどにする。

●ブダイの美味しい食べ方と料理

◆ブダイの煮付け

ブダイの煮付け - Calotomus japonicus -

 三枚におろしたブダイを酒、醤油、みりん、砂糖で煮付けたもの。身はほろっと崩れ味が染みやすくなかなか美味しい。

◆ブダイのポワレ

ブダイのポワレ - Calotomus japonicus -

 三枚におろしたブダイを、ニンニクを効かせながらオリーブ油で皮目をカリッと焼き上げたもの。火を通すと身割れしやすいので、返す際には慎重に。

 マダイなどの白身の食感とは違った食感や風味で、焼いてもパサつく感じがなく美味しい。

◆なべ物や汁物

 産地では冬の鍋料理にも使われる。汁物に合う身質で、みそ汁などにも使える。

◆ブダイの揚げ物

 三枚におろし、食べやすい大きさに切ったものに下味をつけ、片栗粉をまぶして唐揚げにするのもいい。

 三枚におろしたフィレに塩コショウ、小麦粉、卵、パン粉をまぶしてフライにしても美味しい白身魚のフライとなる。

◆ブダイを使った料理をレシピサイトで探す

 主な料理レシピサイトのブダイを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP