クエ(アラ)

クエ(アラ)とは

●スズキ亜目ハタ科マハタ属 

クエは南日本の主に太平洋で漁獲されるハタ科の大型魚で、高級魚として扱われている。九州などでは「アラ」とも呼ばれています。標準和名の「アラ」と混同されがちですが、全く別の魚です。非常に大型に成長する魚です。巨大に成長したマハタはカンナギと呼ばれ、100kg超の大物も釣り上げられており、釣り人のロマンをあきたてている魚でもあります。

新鮮な身は透明感がある薄いピンク色をしており、非常に美味しいです。

漁獲量も少なく、非常に高価な魚で、キロ当たり6000円~高いものだと15,000円以上もするようです。

●クエの主な産地は

高知や和歌山などが有名ですが、九州などでも水揚げされています。
近年、和歌山県の白浜でクエの養殖物も出荷されるようになりました。

●クエの旬は

鍋料理で有名で、脂がのった冬が旬

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
クエ                        
扱い方と用途

アンコウなどと同じ様にアラや内臓も食べられます。

新鮮なものの刺身は絶品です。

鍋料理に使われることが多い。

栄養価と効用

●五訂日本食品標準成分表に掲載がありません

■ハタ科マハタ属の仲間

アカハタ/赤羽太

アカハタ/赤羽太

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP