マハタ(真羽太)

マハタ

マハタとは<

●スズキ目スズキ亜目目ハタ科マハタ属 

マハタの仲間には上の写真のマハタやクエのように地味な色合いの物だけでなく、アカタハ、キハタ、キジハタなど色鮮やかなものも少なくありません。近年では養殖も盛んに行われるようになってきたようですが、まだまだ良いお値段です。

●成長過程で性転換

マハタは成熟するとはじめすべて雌として子を持ち、更に成長して大きくなると今度はすべて雄に変わるそうです。

●マハタの旬

夏の市場を彩っている魚ですが、通年水揚げはあるようです。旬も一概にはいつとは言えず、夏場でも刺身、焼き物など美味しく、釣りでもよく獲れるので旬といえますが、冬場に更に脂が乗った鍋も格別です。産卵期は3月から5月頃。

旬のカレンダー
地域 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
マハタ                        

●刺身・・・

身がしっかりとしており普通に刺身にするなら薄造りの方が美味しいでしょう。また、湯引きでもいけます。

●焼き物・・・

塩焼きも良いですが、洋食では皮目をかりっと焼いたポワレや、小型のものは中にハーブを詰めてアクアパッツアにすると絶品です。

●煮物・・・

小ぶりのものは煮付けに向いています。

そのほか、もちろん揚げ物などにも美味しくいただけますが、いかんせん高級魚ですから、それなりの料理に使いたいですね。

●粗・・・

大型のものは、頭や粗はもちろんですが、腸や胃袋も湯引きにして楽しめます。魚のホルモンといったところですね。

●五訂日本食品標準成分表に表記がありませんでした。

 

●仲間の種類

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP