キジハタ/雉羽太/アコウ:特徴や産地と旬

キジハタ/雉羽太/アコウ

■キジハタ/雉羽太/アコウとは

●スズキ目スズキ亜目目ハタ科マハタ属

キジハタ/雉羽太/アコウ

キジハタはマハタ(クエ)の仲間になります。キハタなどと共に色鮮やかなハタですね。

生息域は青森県以南の日本沿岸、朝鮮半島南部、台湾および中国の岩礁地帯で、太平洋側よりも日本海側の方が多く獲れます。釣りの対象としても人気がありますが、市場ではかなりの高級魚として扱われており、一般の食卓に並ぶことはほとんどないのではないでしょうか。飲食店でもキジハタを出すところは料亭など敷居の高いお澪背が中心となっています。

●産地での名称

キジハタは産地によって様々な名称で呼ばれる魚の一つで、大阪湾周辺や兵庫県から福井県あたりにかけての日本海沿岸では「アコウ」とも呼ばれるほか、島根県辺りでは「アカミズ(赤水)」、その他にも地方によっては体表の色や模様から「アズキハタ」や「アズキアコウ」などとも呼ばれています。

「アコウ」という名称は「アコウダイ」と混同しがちですが、全く別の魚でややこしいですね。

●成長過程で性転換

キジハタ/雉羽太/アコウの幼魚

マハタの仲間は成熟するとはじめすべて雌として子を持ち、更に成長して大きくなると今度はすべて雄に変わるそうです。

寿命は結構長く、食べ頃として水揚げされる30~40cmのもので3~6年物が多く、長いものでは20年を超えるものもいるそうです。

●キジハタの特徴

キジハタ/雉羽太/アコウ

キジハタの体長は成魚で40cm程になり、頭から体全体にオレンジ色の斑点があります。大きいものだと60cmを超えるものもあるそうです。幼魚の時には「マハタ」と同じように縦に後ろから前にかけて斜めの黒い縞が入っていますが、成魚になるとほとんど薄れ、背中辺りに薄く残る程度になります。

尾びれは厚みがあり、ヒレ先の角が丸みを帯びた形をしています。

■キジハタの主な産地と旬

◆主な産地と生産量

キジハタの漁獲量は全体に少なく、主に福井県あたりから九州にかけての日本海沿岸や瀬戸内海で漁獲されています。各地で養殖に向けた研究がすすめられていますが、まだ本格的に養殖物の出荷ができるまでには至っていません。

大阪湾でもかつては年間2トン程獲れたそうですが、2000頃にはほとんど姿を見ることがなくなり、幻の魚として超高級魚として扱われるようになっています。2012年から稚魚の放流が始まり、現在安定供給に向けた努力がなされています。

●キジハタやアカハタの漁獲時期と旬

夏の市場を彩っている魚ですが、通年水揚げはあるようです。旬も一概にはいつとは言えず、夏場でも刺身、焼き物など美味しく、釣りでもよく獲れるので旬といえますが、冬場に更に脂が乗った鍋も格別です。産卵期は夏なので、本来産卵後は身質が落ちると思うのですが…。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
キジハタ                        
アカハタ                        

■ハタ科マハタ属の仲間

アカハタ/赤羽太

アカハタ/赤羽太

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP