キス/鱚(シロギス、アオギス):特徴と旬の時期

キス

■キス(鱚/きす)とは

●スズキ目スズキ亜目キス科キス属 (英) Sillago

日本の沿岸にいるキス(鱚)には、上の写真のシロギスと、後ろのセビレに黒い斑点があるアオギスの二種類があり、一般的に見かけるのはシロギスです。シロギスは大きい物では30cmほどになりますが、アオギスはそれよりも更に大きくなり、40cm程の物もいます。味的には、シロギスに軍配が上がります。昔はキスゴと呼ばれていたらしく、語尾の「ご」がいつの間にか省かれてしまったようです。今でも地方によってはキスゴと呼ばれている所があるようです。

春から夏、海水温が上がると1mから15m程の浅瀬まで寄ってきますが、晩秋から冬の寒い時期は30mから50mと、深い場所に移ります。

北海道南部より南の日本全国の砂底の浅い沿岸に生息し、投げ釣りの対象としても人気が高い。

●主な産地

シロギスは全国の砂底の浅い沿岸で獲れるので、特にどこが・・・という事はありません。アオギスもかつてはそうだったようですが、今では九州の大分や鹿児島、徳島など、限られたところでしか獲れなくなってしまったようです。

■キス(鱚/きす)の旬

●キス(鱚)の産卵期と美味しい旬

キスは夏から初秋に産卵期を迎え、最も美味しい旬は、その産卵を控えた初夏から夏にかけてとなります。

キス(鱚) キス(鱚)
旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
キス(鱚)                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP