イシダイ/石鯛:特徴と美味しい旬の時期

イシダイ

■イシダイ(石鯛/いしだい)とは

●分類と特徴

スズキ目イシダイ科イシダイ属

北海道南部から九州までの全国各地の磯や浅い岩礁に生息する。普通のスーパーや魚屋さんにはほとんど並ぶことは無い高級魚。市場でもキロ当たり2000円以上はしています。

小さな頃は縞模様がはっきりと綺麗に出ていて、「シマダイ」や「サンバソウ」などとも呼ばれていますが、成長するにつれ縞模様がぼやけ、全体に黒ずんできます。特に口の周りが黒くなるので「クチグロ(口黒)」とも呼ばれています。似た魚にイシガキダイなどがあります。

くちばしのような口には非常に固く鋭い歯が並び、石でも噛み砕くと言われています。この歯で甲殻類や貝類などの殻を砕いて食べます。

●口黒(クチグロ)と口白(クチジロ)

イシダイが成長した時に口の周りが黒くなるのに対し、イシガキダイは成長すると口の周りが白くなることからこのような呼び名がついています。

●人懐っこい魚

イシダイは好奇心旺盛で、幼魚の頃は怖いもの知らずの様になんでも興味を持って近づいてきます。海水浴場でも小さな幼魚が人をつついたりする事が知られ、防波堤での五目釣りでも真っ先に群れで針に飛びついてきます。

●磯釣りでも人気

イシダイは磯釣りで知られ、人気と言うほど釣れるわけではなく、数も少なく、また釣れた時の引きの醍醐味から狙う釣り人は多い。チヌやメジナとは別格として扱われています。

■イシダイの旬は

年中獲れますが、磯釣りで知られているので春から秋にかけてよく見かけます。そういうことからか、一般には夏が旬とされています。でも、冬場の脂がのった物は刺身にすると絶品。

旬のカレンダー
旬カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
イシダイ                        
イシガキダイ                        

画像ギャラリー

各画像をクリックしていただければ拡大画像をご覧いただけます

イシダイ(石鯛/いしだい) イシダイ(石鯛/いしだい) イシダイ(石鯛/いしだい)

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP