キダイ/黄鯛/レンコダイ/連子鯛:特徴や主な産地と旬

キダイ/黄鯛/レンコダイ/連子鯛

■キダイ(黄鯛)/レンコダイ(連子鯛)とは

●スズキ目スズキ亜目タイ科 (英)Yellowback seabream

キダイは一般的にはレンコダイ(連子鯛)と呼ばれる事の方が多い魚です。鯛という名の通りマダイと同じタイ科の代表選手の一つで、見た目はマダイと大きな違いはなく、美しい姿をしていますが、マダイほど大きくはならず、味も劣るので、意外に安価で出回っています。地方名では「バンジロ」や「ハナオレダイ」とも呼ばれています。

●生態や特徴

キダイ(黄鯛)/レンコダイ(連子鯛)

キダイは群れを成して海底近くに生息しているとされ、漁獲は底引き網や延縄で行われています。名前の「連子」は、延縄に次々と連なって上がってくる様子から付けられたと言われています。

本州中部以南からオーストラリアにかけての太平洋西側に分布し、初夏と秋が産卵期とされています。変わっているのは、若い間はメスが多く、成長して数年経ってくると一部のメスが性転換しオス化するそうです。

外見の特徴は、マダイと同じように体高のある「鯛」らしい形をしていますが、色はマダイに比べ明るいピンクから朱色で、口元から目元にかけて黄色い部分が目立ちます。成長しても40cm程にしかなりません。

■キダイ(黄鯛)/レンコダイ(連子鯛)の主な産地と旬

●主な産地

キダイ/黄鯛/レンコダイ/連子鯛

キダイは主に福岡から長崎などの九州や兵庫から島根にかけての山陰辺りで水揚げされています。

●美味しい旬は

キダイは通年水揚げがあるようですが、産卵期は初夏と秋とされており、その前が美味しい時期になります。ただ、私としては秋前の真夏に獲れたものより、初夏前の春先の方が美味しいと感じます。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
キダイ/レンコダイ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP