シログチ(イシモチ、グチ):産地や産卵期と旬の時期、目利きと調理のポイントや栄養価

食べ方と扱い方 栄養と効能 旬のカレンダー 産直お取寄せ

シログチ(イシモチ)クリックで拡大

■シログチ(イシモチ、グチ)とは

●特徴

スズキ目スズキ亜目ニベ科シログチ属 

(英)White croaker

シログチ クリックで拡大東北以南の沿岸、水深40~100mに生息し、砂や泥の底にいる甲殻類や小魚などの動物性の物を食べています。大きい物で40センチ程になり、浮き袋を振動させる事で「グーグー」と鳴くのですが、これが愚痴を言っているみたいなので「グチ」と呼ばれるようになったとか。同じニベ科のニベを「黒グチ」と呼ぶのに対して、こちらは白っぽいので「シログチ」や「アカグチ」と呼ばれるようになりました。関東では「イシモチ」とも呼ばれていて、この呼び名の方が身近な気もするのですが、これはニベ科の魚の頭に石のように固く大きな耳石がある事からついた呼び名です。しかし、こういった耳石を持つ魚が他にもあり、テンジクダイ科の魚にもイシモチという呼び名が付けられている物が数種ある事から、この魚はテンジクダイと区別する意味もありシログチと呼ぶようになったそうです。

●主な産地

鹿児島や長崎県、愛媛県、香川県、東京湾など

■シログチ(イシモチ)の産卵期と旬

●産卵期

シログチの産卵期は初夏から夏にかけて、6月頃から8月頃に産卵します。

●シログチ(イシモチ)の旬

煮付けなどが美味しい旬はお腹に子を持つ産卵を控えた春から夏。

また、刺身で食べるなど身の旨さという意味では冬も脂がのって美味しい時期と言えます。

品種
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
シログチ(イシモチ) 子持ち                        
シログチ(イシモチ)                        

シログチの目利きと食べ方や栄養成分はこちら →

シログチ(イシモチ)の画像ギャラリー

各画像をクリックしていただければ拡大画像をご覧いただけます

シログチ(イシモチ) シログチ(イシモチ) シログチ(イシモチ)
シログチ(イシモチ) シログチ(イシモチ) シログチ(イシモチ)
シログチ(イシモチ) シログチ(イシモチ)開き  
 

ページトップに戻る

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP