シイラ(英)Mahi-mahi:特徴や産地と旬

シイラ/マヒマヒ

シイラとは

●スズキ目スズキ亜目シイラ科シイラ属

シイラ クリックで拡大

シイラは全世界の暖かい海に生息するスズキ目シイラ科に分類される肉食性の魚で、2mほどの大きさにもなります。ルアー釣りで人気が高い魚でもあります。

食用としては魚体が大きいので、丸のまま売っているのを見かけることはほとんどなく、スーパーなどでも、切り身で売っているのを見かけます。桜色の身質は蛋白で癖があまりなく美味しい魚です。

ハワイではマヒマヒという呼び名で知られ、名物料理などになっています。そのせいか、回転ずしなどでもシイラという名称ではなくマヒマヒとしてメニューに出ているところがあり、一般の人にはマヒマヒという名称の方がなじんでいるようにさえ感じます。

シイラの特徴

●シイラの姿かたち

シイラは成魚になると体長2mにもなる大型魚で、背の盛り上がりはほとんどなく頭部から尾にかけて細くなっていく長い形をしています。また、成熟したオスは頭が高く盛り上がる傾向にあります。背びれは頭頂部辺りから始まり、尾の付け根近くまでつながっています。体表は背が青く腹は黄色で、体側の下半分辺りに黒い斑点が見られます。

●シイラの食味

シイラは赤み魚とされていますが、マグロのような赤い身ではなく、ほんのり桜色で、脂質がとても少なく淡白な身質です。そのため鮮度落ちが早く、まとまった量も獲れないこともあってか産地で消費されてしまうことが多い魚でした。クセが無く淡白な味なので和洋中問わず様々な料理で食べることができます。

シイラの産地と旬

●主な産地

シイラの漁獲量データ

国内でのシイラの漁獲量は8,000~10,000トンで本来暖かい海域に多く住む魚で、九州各地や高知が多く、山陰沿岸、また、太平洋沿岸各地で獲れます。近年温暖化の影響もあってか、夏場海水温が上がる季節には宮城県や北海道などでもまとまった水揚げがあるようです。政府がまとめている漁業・養殖業生産統計では2006年までしかシイラの統計がとられていないようなので、ちょっと古いデータではありますが2006(平成18)年の漁獲量を紹介します。

●シイラが安く沢山出回る旬

春から夏にかけて産卵期になります。このシイラの卵も人気があり、海水温が上がる夏場によく獲れる事もあり、旬は7月~10月頃の夏から秋にかけてとされています。東京中央卸売市場に入荷される量も6月に一気に増え、8月9月にピークを迎え10月までが多い時期になっています。

●シイラの身が充実して美味しい旬

一方、どの魚でもいえることですが、抱卵しているということはその分体の栄養が卵にとられている訳ですから、身自体の味は落ちてしまいます。シイラの身自体が美味しい旬の時期は産卵後一定期間の間養分を蓄え、次の産卵に備えて身を太らせる秋から春先までと言えそうです。

旬のカレンダー
シイラの旬カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
漁獲量                        
身が美味しい旬                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP