イズカサゴ/伊豆笠子

イズカサゴ クリックで拡大

■イズカサゴ/伊豆笠子とは

◆カサゴ目カサゴ亜目フサカサゴ科フサカサゴ属

イズカサゴはフサカサゴの仲間ではそこそこ大型になる種類で、大きいと50cmを越すものもいます。能登あたりから西、三陸南部あたりから南の沿岸の水深80~200mの砂泥底や岩礁域に生息し、数も少ないが、味が非常に良いので、市場では高級魚として扱われています。特に大型の釣り物は状態も良く、非常に高値で取引されます。

京都の中央市場では他のカサゴ同様に「ガシラ」と呼ばれています。

また、釣りでも人気があり、「オニカサゴ」と呼ばれていますが、標準和名の「オニカサゴ」ではなく、本種を釣る事を目的としています。

■イズカサゴ/伊豆笠子の特徴

イズカサゴはカサゴやフサカサゴよりも大きく育ち、大きいと50cmを越すものもいます。体系は他のカサゴとよく似ていますが、体色が綺麗な赤橙色から朱色で、腹、胸、背、尾全てのヒレと体に濃い赤や茶色の斑点がみられます。また、背ビレと胸ビレには鋭い毒棘があるので、触るときは要注意です。

◆卵胎生

カサゴは卵を産むのではなく、体内で受精し、卵を体内で育てて孵化させてから稚魚になった子を産む卵胎生の魚です。

■イズカサゴ/伊豆笠子の主な産地と旬

◆イズカサゴの主な産地

九州沿岸や四国あたりが多く、伊豆周辺なども釣りの対象として人気があります。山陰でも数は少ないですが、水揚げはあります。

◆イズカサゴの旬の時期

産卵期は1月から3月頃とされていますが、生態は解明されておらず、年間を通して水揚げがあり、味的にも1年を通して大きくは変わらないようです。美味しい旬の時期はと言うならば、産卵を控えた秋から冬にかけてが最も栄養を蓄えて美味しい時期だと思います。

旬のカレンダー
旬カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
イズカサゴ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP