イサキ/鶏魚/伊佐木:生態や特徴と、産地と旬の時期

イサキ/鶏魚/伊佐木

●イサキの生態や特徴

◆スズキ目イサキ科イサキ属 (学名)Parapristipoma trilineatum (Thunberg, 1793)

 (英)Chicken grunt

イサキはスズキ目イサキ科イサキ属の魚で、日本の近海では新潟県以南の日本海と、宮城県あたりの東北以南の太平洋沿岸、瀬戸内海などに分布し、広くは東シナ海にまで及びます。

いさき/イサキ

イサキは夜行性で、昼間は水深50~100mの岩礁帯に群れを成して生息していますが、夜になると海面近くまで浮上し餌となる甲殻類や多毛類、小魚などを求めて浅い岩礁帯へ移動する習性があります。

イサキは成長すると45cm程になる魚ですが、30cm足らずまでは体側に縞模様があり、ウリボウなどと呼ばれています。30cmを超えるあたりからこの縞模様が薄れ消えていきますが、そうなるまでに4年ほどかかるといわれています。

◆イサキの名前の由来と地方名

イサキという名前の由来には諸説あり、「キ」または「ギ」は魚を意味する接尾後のようなもので、若いイサキに斑(マダラ)があることから「斑キ=イサキ」となったという説。古くは斑をイサと発音していて、現在でもその名残で白く斑のある葉の事を「斑葉(いさは)」と言ったりします。また、イサキは磯に多いことから「磯キ」がなまりイサキとなったという説などもあります。漢字の「伊佐木」、「伊佐幾」、「鶏魚」はいずれも当て字で、最後の「鶏魚」は背ビレが鶏のトサカに似ているからだそうです。

イサキも広く各地で取れる魚なので、産地によって様々な呼び名が付けられています。東京では「イサギ」とも呼び、神奈川辺りでは「クロブタ」や「クッカ」、その他東北地方では「オクセイゴ」、静岡では「コシタメ」、九州では「一先(イッサキ)」、「ハンサコ」、「ジンキ」など色々です。

◆イサキの特徴

イサキ/鶏魚/伊佐木

イサキは成長すると45cm程になり、横から見ると綺麗な紡錘形で、体はやや側扁しています。

体色は顔のあたりはオリーブグリーンが混じった褐色で背は褐色、腹はいぶし銀のような感じです。

背ビレをはじめ、胸ビレ、腹びれ、尻びれは黄色味が強く、尾鰭は赤みを帯びた褐色です。

◆イサキの幼魚

イサキ/鶏魚/伊佐木

イサキは30cmほどの一人前になるのに3年から4年ほどかかるとされ、そうなる前の幼魚は、体側の上半分にエラブタの後ろから尾にかけて黄色い3本の縦縞があります。これはさらに成長すると消えていくのですが、これがイノシシの場合とよく似ていることから、この幼魚の事を「ウリボウ」や「ウリンボウ」「イノコ」などと呼ばれています。

●イサキの主な産地と旬

◆主な産地と生産量

政府がまとめた平成27年の漁獲量を見ると、長崎県が最も多く、全国の3割近くを占めています。次いで福岡県、山口県となっています。

◆ブランドイサキ

値賀咲(ちかさき)

イサキ/鶏魚/伊佐木

長崎県の五島列島北部、宇久島・小値賀島周辺で獲られた瀬付きのイサキで、「値賀咲」として出荷されるものは、一匹一匹撒き餌を使わずに手釣りし、丁寧に活 け〆を行うなど、品質には細心の注意が払われているとされ、外見、鮮度が良いことはもちろん、身がしっかりと締まり、撒き餌を使用しないので生臭みが非常に少ないのが特徴とされています。

小値賀島の「値賀」と未来が明るく「咲く」ようにと願いを込めて付けられました。

紀州いさぎ

潮流れの速い紀州灘で獲られたイサキで、周年を通して手釣りにより漁獲され、活かしたまま田辺漁港に持ち帰り、水揚げ直前に1尾1尾活け締めされ、状態の良い高鮮度なイサキのみ紀州いさぎとして出荷されます。

◆イサキの漁獲時期と旬

イサキはほぼ通年市場には入荷されている魚ですが、6月頃から9月頃にかけての夏が産卵期にあたります。その為、産卵前の初夏、5月頃から7月頃までの梅雨頃が最も美味しい旬とされ「麦わらイサキ」、「梅雨イサキ」などとよばれています。また、産卵後の秋から春にかけては、脂ののりが悪く、美味しい時期のものとの差がかなりあります。

旬のカレンダー

●イサキの旬カレンダー

旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
イサキ                        

イサキと呼ばれる仲間の種類


皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP