アカイサキ(赤斑魚/赤伊佐木):旬や目利きと食べ方

食べ方と扱い方 栄養と効能 旬のカレンダー 産直お取寄せ

アカイサキ クリックで拡大します

■アカイサキとは

●スズキ目ハタ科ハナダイ亜科

アカイサキは本州中部以南の近海で比較的深い岩礁に生息しています。「イサキ」という名前は付いていますが別のハタ科の仲間に属します。雄と雌で模様がやや異なり、上の写真は雄でこちらの方が派手。雌はやや地味で、同じようにピンク色をしていますが、背びれの黒い斑紋ありません。写真のもので40cm弱と大き目の魚となる。釣りや底引網で漁獲されるようです。見れば見るほど「キンギョ」ですね。

●釣りでは外道!?

釣りをされる方は知っている方も多いようですね。と言うのも、真鯛釣りなどの時に紛れて釣れる魚だそうです。昔はそういう意味でも、市場での価格も安かったそうな・・・今しか知らない私にしてみれば、見た目が派手というだけ?でいい値が付いている魚という印象がありますが・・・

■アカイサキの食べ頃の旬

●アカイサキの旬

やはり脂がのった冬・・・ともいえますが、この魚、あまり脂がのらず、年間通してそれほど変わらない気がします。むしろ市場でも夏のほうが沢山並んでいます。冬には本当に冬に美味しい魚が沢山いるので、ここでは夏が旬とさせていただきます。名前つながりの「イサキ」も夏ですしね。

   ページトップに戻る

品種
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
アカイサキ                        

 

                       

■アカイサキの目利きと食べ方

●雌より雄が美味しい

アカイサキは雌より雄の方が大きく、味も美味しいので、出来れば雄を選びましょう。雄は上の写真のように鮮やかなピンクから濃いオレンジ色で、背びれに黒い斑紋があります。

●非常に淡白

イサキは淡白ですが、特有の磯の風味があります。でも、このアカイサキはそれ以上に淡白。上品な白身と言えばそうですが、脂をあまり感じないので、旨みが弱い気がします。

●刺身で

とは言うものの、釣りたての新鮮な物はやはり刺身で食べたいもの。鮮度が良いと、味は淡白でもコリコリとした食感は十分に楽しめ、癖もなくあっさりしているので、それなりに美味しいものです。皮目が美味しい上、彩りも綺麗なので、皮を引かずに真鯛でもやるような松皮造りや、皮目をバーナーであぶって刺身にしたりすると色が映えます。

●焼き物

アカイサキは非常に淡白なので、塩焼きにはあまり適していないと言えます。旨みを補ってやるために、バターやオリーブ油、生クリームなどの脂肪分と絡ませるように料理すると、その癖の無さが活かせて美味しく食べられます。
 フレンチで言えばポワレ、ムニエルといったところでしょうか。

  ページトップに戻る

食品標準成分表には掲載がありませんでした

 

ページトップに戻る