アワビ/鮑/あわび:生態や特徴と産地や旬

アワビ/鮑/あわび

●生態や特徴

◆アワビとは

分類:動物界 - 軟体動物門 - 腹足綱 - 直腹足亜綱 - 古腹足上目 - Haliotoidea上科 - ミミガイ科 - Haliotis(アワビ)属(日本海洋データセンターより)

学名:アワビ属Haliotis Linnaeus, 1758

和名:あわび/鮑/鰒/蚫

英名:Abalone

「アワビ」はミミガイ科アワビ(ミミガイ)属の中でも大型になる貝の総称です。同じ仲間にトコブシも含まれますが、トコブシは小さいことからアワビとはあまり呼びません。

日本で食用にされているアワビの主なものはクロアワビ、エゾアワビ、マダカアワビ、メガイアワビの4種で、多少の差はあれどいずれも言わずと知れた高級食材です。

◆アワビは巻貝のなかま

アワビの殻は平たい横口レードルのような形をしており、片方の殻を失った二枚貝のようにも見えます。そのことから、「磯のアワビの片思い」といわれます。しかし、よく見ると殻の端にはちゃんと渦巻きがあり、分類的にも巻貝の仲間で、生息環境などに応じて殻や体の形が進化してこのような形になったものです。

◆アワビ/鮑/あわびの生態

アワビは北アメリカ西岸やオーストラリア、アフリカ南部など海外にも分布しています。日本近海では北海道南部から九州にかけての日本海及び太平洋沿岸、瀬戸内海、朝鮮半島から中国北部辺りまで分布し、種類により生息深度に幅がありますが、外洋に面した海岸の水深50m程までの岩礁でアラメ、コンブ、ワカメなど主に海藻類を食べて生息しています。

◆アワビ/鮑/あわびの特徴

アワビの殻の形は種によって微妙に特徴があり違いますが、概ね横レードルのような卵型のお玉を伏せたような形で、一見巻貝には見えません。

殻の後方端にはほんの少しの渦巻きがあり、その中心を起点として数個の突起状に開いた穴が並んでいます。この穴は出水孔と呼ばれるもので、いくつも並んでいますが実際に穴が開いているのは常に4~5個で、成長に合わせて殻の縁に新しい穴が出来ると後ろから古い穴が閉じられるようになっています。

殻の内側にある体は、殻が浅くなっている側に顔があり、口や目と触角があります。脚の部分は岩礁に張り付けるよう吸盤状になっており、この脚と一体になった貝柱が背の殻を支えています。

雌雄異体ですが殻の外見での判別は通常時ではできず、身の裏に隠れているワタの生殖巣の色で判別します。オスはクリーム色で、雌は緑色をしており、放卵や放精時はやはり同じこの色の卵や精子が殻の穴から噴き出しているので見分けられます。

●アワビ/鮑/あわびの主な産地と旬

◆主な産地と生産量

アワビの全国の漁獲量

アワビは産地によって獲れる種類が違いますが、アワビ類全体での漁獲量は平成27年産で見ると岩手県が最も多く、全国の4分の1を占め、次いで宮城県、北海道となっています。この北海道から三陸にかけては主にエゾアワビが獲れる産地として知られています。

アワビは高級食材ですが、成長に時間がかかることもあり、乱獲によって年々漁獲量は減少し、更に高価なものになってきています。このままでは資源枯渇が懸念され、保護のため各地で稚貝の放流なども行われています。

また、海外からの輸入量も近年増大し、今では国産の量を上回るまでになっています。その大半が韓国から活けで入ってくるものが占めています。その他の国ではアメリカ産やオーストラリア産などがあります。

◆アワビ/鮑/あわびの漁獲時期と旬

アワビは産地や種類によって旬に違いがあります。エゾアワビは夏から秋にかけて産卵期となるため、最も多く漁獲している岩手県では資源保護のため11月と12月しか漁が行われていません。また北海道でも冬が旬となります。

一方、関東以南で獲れるクロアワビやメガイアワビなどは秋から冬にかけて産卵期となり、美味しい旬の時期は夏となります。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
東北、北海道
(エゾアワビ)
                       
クロアワビ                        
メガイアワビ                        
マダカアワビ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP