メガイアワビ/雌貝鮑/めがいあわび:生態や特徴と産地や旬

メガイアワビ/雌貝鮑/めがいあわび

●生態や特徴

◆メガイアワビとは

分類:動物界 - 軟体動物門 - 腹足綱 - 直腹足亜綱 - 古腹足上目 - Haliotoidea上科 - ミミガイ科 - Haliotis属(日本海洋データセンターより)

学名:Haliotis gigantea Gmelin, 1791

和名:めがいあわび/雌貝鮑

英名:Giant Abalone

別名:ヒラガイ、アカアワビ、アカガイ

メガイアワビはアワビの中でもクロアワビなどと比べると安価ですが、それでも一般的には高級食材には違いありません。

メガイは漢字で「雌貝(めがい)」と書き、これに対しクロアワビの事を「雄貝(おがい)」と呼んだりしますが、性的に雄と雌という訳ではなくメガイアワビにもクロアワビにもそれぞれ雄と雌がいます。また、メガイアワビはその色合いから「アカ」、「アカアワビ」などとも呼ぶ地方もあります。

◆メガイアワビの特徴

メガイアワビ/雌貝鮑/めがいあわび

メガイアワビは大きいもので長さ20cm程になります。殻の形状はクロアワビに比べふくらみが浅く、輪郭も幅広です。殻の表面には放射肋と呼ばれる筋がはっきりと出ているものが多く、出水口の隆起はクロアワビと同じくらいです。

裏返した脚の色は個体差がありますが淡いクリーム色のものが多いです。

◆調理のポイント

メガイアワビ/雌貝鮑/めがいあわび

メガイアワビの身は刺身でもクロアワビ程硬くなくコリコリ感は弱いですが、味自体はクロアワビに匹敵する旨みと風味が楽しめます。

また加熱調理すると甘味が増し、食感は柔らかく、固めのかまぼこのような感じに仕上がります。刺身向けのクロアワビに対して、メガイアワビは身の柔らかさから、煮貝など加熱調理に適したアワビと言われることが多いです。

●メガイアワビ/雌貝鮑の主な産地と旬

◆主な産地

メガイアワビは東北から南の日本海沿岸、房総以南の太平洋沿岸、それに瀬戸内海に分布し、クロアワビよりも比較的深場に多く生息しています。産地としては主に西日本が中心となっています。

◆メガイの漁獲時期と旬

メガイアワビの産卵期は秋から冬で、美味しい旬の時期は初夏から夏にかけてとなります。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
メガイアワビ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP