チヂミエゾボラ:生態や特徴と産地や旬

チヂミエゾボラ/エゴバイ

●生態や特徴

◆チヂミエゾボラとは

分類:軟体動物門 - 腹足綱 - 直腹足亜綱 - 新生腹足上目 - 吸腔目 - Hypsogastropoda亜目 - 新腹足下目 - Buccinoidea上科 - エゾバイ科 - Neptunea属

学名:Neptunea constricta (Dall, 1907)

和名:ちぢみえぞぼら/縮蝦夷法螺

別名:エゴバイ(富山)、ツブガイ

チヂミエゾボラ/エゴバイ

 チジミエゾボラはエゾボラ(マツブ)などと同じエゾボラ属の巻貝で、エゾボラモドキやウスムラサキエゾボラなどと同じように単に「ツブ」または「ツブガイ」として市場に出荷されている。

 チヂミエゾボラは生息環境や個体によって殻の形状にかなり差異がみられ、よく似たエボボラもどきも同じように差異が見られ、チヂミエゾボラとエゾボラモドキは同種ではないかという説もある。

 写真のものは富山県魚津で「エゴバイ」として売られていたもの。

◆チヂミエゾボラの生態

 チヂミエゾボラは日本海から鹿島灘以北の太平洋沿岸、オホーツク海沿岸から朝鮮半島沿岸に分布するとみられ、水深50〜300mの砂泥底に多く生息する。

◆チヂミエゾボラの特徴

チヂミエゾボラ/エゴバイ

 チヂミエゾボラは殻長15cm程になるやや大型の巻貝で、肩は丸く全体にふっくらとしている。

 螺肋(らろく)は個体によってはっきりと盛り上がっているものから目立たないくらい細いものまであり、成長線も個体によっては成長脈と言える程エゾボラほどではないがヒダ状になっているものまである。


●チヂミエゾボラの美味しい食べ方と料理

◆調理のポイント

チヂミエゾボラ/エゴバイの唾液腺

 チヂミエゾボラもエゾボラなどと同じように唾液腺にテトラミンという毒成分が含まれているので、この部分を取り除かなければなりません。

つぶ貝のさばき方はこちら→

 食べ方は他のエゾボラ属と同じと考えて良い。

◆チヂミエゾボラの握り

チヂミエゾボラ/エゴバイの握り

 チヂミエゾボラも獲れる数が少なく、エゾボラ(マツブ)と同等に高級すしネタとして扱われている。

 食感はマツブよりやや柔らかめで、甘みがありとても美味しい。

◆チヂミエゾボラの刺身

チヂミエゾボラ/エゴバイの刺身

 やはりこの手の貝は刺身が旨い。シコシコとした歯触りで甘く、磯の香りは穏やかめで、サザエのコリコリ食感と磯の強い香りが好みの人には物足りないかもしれないが、この貝のファンは多い。

◆チヂミエゾボラのトマトソーススパゲッティ

チヂミエゾボラ/エゴバイとオオエッチュウバイのパスタ

 トマトソースとの相性も抜群。殻から出した身を適当な大きさに切り、ニンニクと共にオリーブ油でさっと炒め、白ワインを加えて軽く煮たところにトマトソースのベースを加えて仕上げる。唾液腺とエラなどは取り除くが、渦巻きの後端にある中腸線は一緒に使える。

 食感がとてもよく、上品な貝の味が楽しめる。

◆チヂミエゾボラとオオエッチュウバイの炒め物

チヂミエゾボラ/エゴバイとオオエッチュウバイの炒め物

 つぶ貝は和洋中を問わず色々な炒め物で美味しく食べることができる。火を通し過ぎないよう注意しよう。

●チヂミエゾボラの主な産地と旬

◆主な産地と漁獲量

 主な産地は山口県から北海道にかけての日本海沿岸各地と北海道の太平洋沿岸。獲れる量は少なく、高級品となっている。

◆チヂミエゾボラの漁獲時期と旬

 通年漁獲されているのではないだろうか。美味しい旬の時期に関してはよくわからない。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
チヂミエゾボラ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP