トゲクリガニ:生態や特徴と産地や旬

トゲクリガニ,桜ガニ,花見ガニ

●生態や特徴

◆トゲクリガニとは

分類:動物界 - 節足動物門 - 甲殻亜門 - 軟甲綱 - 真軟甲亜綱 - ホンエビ上目 - 十脚目 - 抱卵亜目 - 短尾下目 - Cheiragonoidea(クリガニ)上科 - Cheiragonidae(クリガニ)科 - クリガニ属(日本海洋データセンターより)

学名:Telmessus acutidens(Stimpson, 1858)

和名:とげくりがに(棘栗蟹)

英名:Helmet crab

別名:サクラガニ/桜蟹(青森県陸奥)

トゲクリガニは毛ガニと同じクリガニ科クリガニ属の一種で、毛ガニに比べ価格がとても安く、その割に美味しいカニなのでコストパフォーマンスに優れた食材です。青森県ではお花見に欠かせないカニとして古くから親しまれ、サクラガニ(桜蟹)やハナミガニ(花見蟹)とも呼ばれています。

◆トゲクリガニの生態

トゲクリガニは北海道西岸の日本海と青森県以南から三陸沿岸にかけて、更に瀬戸内海に分布し、水深50m以浅の比較的浅い砂底に生息しています。

近縁種のクリガニとは生息域が重ならず産地で判別できるとされています。

トゲクリガニ,桜ガニ,花見ガニ

●トゲクリガニの特徴

大きさは毛ガニより少し小ぶりで、150g~350g程です。

外見や大きさなどはクリガニとほぼ同じでプロでも外見だけで見分けるのは難しいと言われています。

トゲクリガニは成長しても甲幅11cm、甲長9cm程までの大きさで、毛ガニほど大きくはなりません。

甲羅は頭の部分にのこぎり状に尖った4つの角があり、その中央を頂点に全体が5角形に近い形をしています。

甲羅の表面には小さなイボ状の突起で全体が覆われ、全身に短い毛が生えています。

甲羅の色は赤味のある褐色系で、腹側は淡いベージュで、脚の先はオレンジ色をしています。

一見食べられる部分があまり無さそうに見えますが、殻を剥いてみると中にはカニ味噌がたっぷり詰まっており、メスには濃いオレンジ色の内子も。

また、脚には小さいながら身がぴっちりと詰まっていて、脚と肩の身を掻きだして集めてみると身体の割に意外に沢山詰まっているのに驚きす。

トゲクリガニ,桜ガニ,花見ガニ

蟹味噌と内子、身ともに甘味があり、磯の香りと共に濃厚な旨みが楽しめ、毛ガニに程ではありませんがとても美味しいカニです。

■トゲクリガニの主な産地と旬

●主な産地

トゲクリガニは生息域の東北地方沿岸から北海道の日本海側で獲れ、中でも陸奥湾で多く漁獲されています。漁獲のほとんどは「カニカゴ漁」で、一部「刺し網漁」も行われています。

トゲクリガニを主体とした漁が行われているのは陸奥湾と三陸沿岸で、中でも陸奥湾での漁獲量が多いようです。

トゲクリガニはちょうどこの産地では桜が満開を迎える時期に旬を迎える為、「桜ガニ」や「花見ガニ」という名も付けられています。

産地では年や時期によって変動しますが雌の方が内子が入るため人気があり、その分高く1杯300~500円、雄は雌の半値程となっているそうです。

●トゲクリガニが美味しい旬は

三陸では毛ガニ漁に混じって漁獲されるものが2月頃から出回り始めるようですが、陸奥湾でのトゲクリガニの漁期は4月下旬から5月下旬頃までです。抱卵期もその時期なので、旬は4月下旬から5月上旬となります。産卵を終えたトゲクリガニは海底の砂に潜ってしまい獲れなくなるそうです。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 2月 3月 4月 5月
トゲクリガニ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP