タチウオ(太刀魚/立魚):旬の時期と特徴や産地

タチウオ(太刀魚/立魚)

■タチウオ(太刀魚/たちうお)とは

●スズキ目サバ亜目タチウオ科  (英)  Largehead hairtail

太刀魚(タチウオ)は世界中の亜熱帯、温帯海域に棲息する魚で、見た目の形から「太刀魚」と付いたと言う説と、獲物を獲る際、なんと立ち泳ぎをして襲い掛かる事から「立魚」と呼ばれるようになったという説とあります。

タチウオには一般的な魚とは違う大きな特徴があり、背びれが頭の部分から尾にかけて途切れることなく続いている事と、腹ビレや尻ビレがなく、尾ビレも背ビレの延長にひも状に伸びているだけです。普段の泳ぎ方は蛇のように体をくねらせて泳ぎますが、獲物を狩る時は頭を上にして立ち泳ぎもします。

北海道から沖縄まで日本では広く分布していますが、漁獲されるのは本州中部より西が多いです。

●タチウオの体表を覆うグアニン

タチウオ(太刀魚/立魚)

太刀魚には尾鰭や腹鰭がありません。そして鱗がありません。その代わりに、体の表面はグアニン質という銀粉の層で覆われています。このグアニン質は簡単に取れてしまうのですが、このグアニン質はかつてラメの材料にされたり、擬似真珠の表面を覆う材料として使われていたそうです。

■タチウオ(太刀魚/たちうお)の漁法や産地と旬

●漁獲方法

太刀魚(タチウオ)は底引き網や定置網で多く獲れますが、一本釣りや引き縄釣りでも獲れます。網で獲れたものは体に傷が付きやすく、釣り物はとても綺麗で、活け締めされたものもあり、その分高値で扱われます。

夏から秋にかけて、各地の波止め釣りの対象としても人気があります。

●全国のタチウオ水揚げ量ランキング

太刀魚(タチウオ)の主な産地は愛媛県で、次いで大分県、和歌山県となっています。そのほかにも広島県や兵庫県、徳島県と続き、瀬戸内海周辺でよく獲れるという事が分かりますね。

●タチウオは夏が旬の魚

タチウオの産卵期は6~10月ですが、食べ頃もその頃。7月から11月頃まで。波止めからの釣りもこの頃よく釣れます。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
タチウオ(太刀魚)                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP