旬の時期と産地 / 目利きと料理 / 栄養価と効能 / 写真

舌平目/したびらめ/シタビラメ:特徴や主な産地と旬

シタヒラメ/舌平目/したびらめ/赤舌平目

■シタベラメ(舌平目)とは

●分類と特徴 カレイ目ウシノシタ科 (英)Sole(仏)Sole

シタヒラメ(イヌノシタ)シタヒラメは平目と同じ左側に目が付いています。「左平目、右カレイ」と言いますが、舌平目は分類上ヒラメ科の魚ではなく、ウシノシタ科になっています。フランス料理でおなじみの舌平目。ヨーロッパではドーバー海峡周辺で獲れるドーバソールと呼ばれるものが使われていますが、日本ではアカシタヒラメやクロシタヒラメが使われています。アカシタヒラメは、クロシタヒラメと比べ、肉質がやや水分が多く柔らかいですが、その分少し身が厚い傾向にあります。いずれもシタヒラメはカレイなどと同じようにとても身体が薄い魚です。

  • アカシタビラメ・・・本種アカシタヒラメと共に、イヌノシタもアカシタヒラメとして流通していることが大いようです。この写真の物もイヌノシタと思われます。
  • クロウシノシタ・・・裏返したときに、ひれのふちが黒い色をしています。

シタヒラメ(イヌノシタ)●姿かたちが名前に

日本での一般名「舌平目」や「ウシノシタ」というのはその形が舌のように見える事からですが、地方では佐賀などの「クツゾコ」、瀬戸内周辺での「ゲタ」などというのもその形から。また「ヨーロッパでの名前ソール(Sole)も靴底という意味ですね。確かにそんな風にも見えますね。

■シタヒラメの産地と旬

●主な産地は

アカシタヒラメは瀬戸内海や九州など主に西日本で漁獲され、クロウシノシタは関東以北でも水揚げされています。価格は高級魚と言うほどではありませんが、安くはないです。

●旬の時期

水揚げは通年あるようですが、旬の時期は産地によって諸説あるようです。産卵期は春とされその時期に沢山出回ります。

品種
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
ヒラメ                        

扱い方と料理 →

栄養価と効用 →

画像一覧 →

ページトップに戻る

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP