シバエビ/芝海老:生態や特徴と産地や旬

シバエビ,芝海老,しばえび,

●シバエビの生態や特徴

◆シバエビとは

分類:ホンエビ上目 > 十脚目 > 根鰓亜目 > クルマエビ上科 > クルマエビ科 > ヨシエビ属(日本海洋データセンターより)

学名:Metapenaeus joyneri (Miers, 1880)

和名:しばえび/芝海老

英名:Shiba shrimp 仏名:Crevette siba

別名:アカヒゲ

 シバエビ(芝海老)はクルマエビの仲間で、ヨシエビ属の小エビです。本来「シバエビ」は本種の事だが、もともと飲食及び食品業界では色々な小エビの事を総じてシバエビと呼ぶ風潮があった。近年このシバエビがあまり獲れなくなり、代わって東南アジアなどから養殖物の別種、バナメイなどが入ってくるようになると、飲食店や食品業界はこれらの小さいサイズの物をシバエビとして使うようになったのだが、これが偽装ではないかと一時期問題になったことがあった。

 かつては東京湾の芝沖で沢山穫れたことから芝海老と呼ばれるようになったと言われている。触角が赤いことから「アカヒゲ」とも呼ばれる。

◆シバエビの生態

 太平洋側では東京湾より南、日本海側では新潟より南の沿岸、朝鮮半島や中国、台湾などの東アジア沿岸に分布し、主に内湾の水深10~30mの砂泥底に生息している。

 産卵期は6月下旬から9月にかけてで、寿命は1年程。産卵を終えるとオス、メス共に死んでしまう。

◆シバエビの特徴

シバエビ,芝海老,しばえび,

 シバエビは体長15cm程でメスの方がやや大きい。一般にシバエビは小さめのものが好まれる傾向にあるため、市場に出回る物は10㎝前後のものが多い。

シバエビ,芝海老,しばえび

 全体に側偏し、上から見るとスリムなエビである。頭胸甲には不規則な浅いへこみがあり、短い繊毛が生えている。額角はほぼまっすぐに前方に伸び、上縁にのこぎり状の歯が並んでいる。

 頭胸甲から腹節にかけて細かい青黒い斑点に覆われている。

●シバエビの主な産地と旬

◆主な産地と漁獲量

シバエビ,芝海老,しばえび

 かつては東京湾でも沢山穫れたようだが現在ではほとんど穫れず、主な産地は九州の有明海や愛知県の三河湾などとなっている。

九州の有明海が産地として有名。その他、三河湾も水揚げがあります。

 漁獲量は各地で減少しており、産地以外では一般のスーパーなどで見かけることはほとんどない。

◆シバエビの漁獲時期と旬

 シバエビ(芝海老)は初夏から秋口にかけて産卵期に入り、主な産地の漁期は産卵明けの10月頃から翌春3月から4月まで。旬は、かき揚げなどに使う小さいサイズであれば冬、大きくなった物なら春の物が旬となる。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
シバエビ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP