さより/細魚/サヨリ(英)Halfbeak

さより/細魚/サヨリ

■さより/細魚/サヨリとは

●ダツ目トビウオ亜科サヨリ科サヨリ属

サヨリはダツ目トビウオ亜科サヨリ科の魚で、北海道から九州の各地沿岸に生息しています。体長は30cmほどで下あごが長く針のように突き出していますが、非常にスリムで美しい魚です。

●サヨリは腹黒いやつ

サヨリやキスは、外見はとても綺麗な魚ですが、捌く時、腹を割って中を開けると、ワタを出した後も、真っ黒い薄膜が張り付いています。そこから、「外見と違い、実は腹黒いやつ」という例えに使われたりするようです。

●サヨリの旬は

11月頃から春の5月頃が旬になります。釣りでも人気で、夏の終わり頃から晩秋にかけて防波堤などから釣れます。

福井県の若狭湾では4月5月が漁期となっています。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
さより(細魚)                        

 さより/細魚/サヨリの目利きと料理

さより/細魚/サヨリ

■さより/細魚/サヨリの目利きと保存

●鮮度は口先で

サヨリは鮮度がいいと長く伸びているくちばしの下側が赤いです。赤みが薄いものや消えているものは避けましょう。また、背びれや尾ビレが乾いてないものが良いです。釣り上げられた物にはウロコが残っていることがありますが、通常は網で獲られ、鱗は全てはがれてなくなっています。

●傷みが早い魚です

買ってきたら真っ先にワタを出し、綺麗に漱いで水気を切り、塩水に数分浸してからキッチンペーパーなどで包んでラップをかけ冷蔵庫に入れてください。身が薄いので、塩水はあまりきつくなり過ぎないよう軽めで良いでしょう。

■さより/細魚/サヨリの食べ方と料理

●新鮮なものは刺身で

大きめで、鮮度が良い物は三枚に下ろして刺身やすしネタとしてとても美味しい魚です。また、酢との相性もよく、酢の物にも適しています。昆布締めも美味しいですよ。

●加熱しても旨い

白身で癖の無い上品な味を生かし、キスなどと並び、高級なてんぷらの具材となります。また、お澄ましの具材にも向きます。

●細長い身を活かして

フレンチなどでは、細長い身を活かし、他の食材に巻きつけたり、とぐろを巻くように形を作って蒸し上げたりしているものも見かけます。

 さより/細魚/サヨリの栄養価と効用

●可食部100gあたりの成分

 下の表に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
95
kcal
77.9
g
19.6
g
1.3
g
Tr 1.2
g
0.26
g
0.63
g
100
mg
(0)
g
ビタミン
レチノール D E B1 B2 ナイアシン B6 B12 葉酸 パントテン酸 C
Tr 3.0
μg
0.9
mg
Tr 0.12
mg
5.2
mg
0.33
mg
5.5
μg
10
μg
0.44
mg
2
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
190mg 290mg 41mg 37mg 190mg 0.3mg

七訂日本食品標準成分表より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP