サラガイ(皿貝)/シロガイ(白貝)

サラガイ(皿貝)/シロガイ(白貝)

■サラガイ(皿貝)/シロガイ(白貝)とは

●マルスダレガイ目ニッコウガイ科

サラガイ(皿貝)には、アラスジサラガイ、ベニサラガイ、サラガイの三種類あり、市場にはどれも白貝として入荷される。太平洋側は銚子より北、日本海側は鳥取より北の沿岸各地に生息し、市場には主に北海道から入荷されるものが多い。

北海道各地の沿岸では、ホッキ貝やアオヤギを獲る際に混獲物として扱われる場合が 多いようです。

●サラガイ(皿貝)/シロガイ(白貝)の旬は

北海道での漁獲時期は7月から9月にかけてで、夏が旬と言えそうだ。とは言うものの・・・ホッキ貝などと一緒に獲れるのなら冬にも獲れる?すみません。旬は確かではありません。ちなみに、写真は1月に京都の市場に入荷されてきたものです。
 また、産卵期は6月から10月だそうです。産卵期からすると、4月5月あたりが美味しそうにも思います。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
サラガイ(皿貝)
北海道の漁期
                       

■サラガイ(皿貝)/シロガイ(白貝)の食べ方

●酒蒸しや刺身に

癖が無く歯ごたえもコリコリしていて美味しい貝です。どちらかと言えばやや淡白な味ですが、貝殻も見た目に美しく料理栄えします。軽く酒蒸しにして、蓋が開いたら身を取り出してマリネし、野菜と共に前菜の一皿として使っても良いのではないでしょうか

●加熱する料理にも

殻ごと浜焼きのようにしても美味しいです 。もちろん、鍋に入れてもGood

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP