メヒカリ(英)Greeneyes

メヒカリ

メヒカリとは

●ヒメ目アオメエソ科

メヒカリとは深海性で目が大きく、眼球が青く光って見えることからこの名で呼ばれています。一般に「メヒカリ」として流通しているものには「アオメエソ」、「マルアオメエソ」、「トモメヒカリ」など数種類があり、各地で大衆魚として親しまれています。マルアオメエソは千葉県の銚子沖から青森の間あたりで獲れ、アオメエソやトモメヒカリは相模湾から南アジアあたりまでで獲れるようです。大きさはキスぐらいで、身は白身でたいへん脂がのっています。

福島県のいわき市では、「いわき市の魚」として親しまれています。また、宮崎では、郷土料理としてしられ、駿河地方では「トロボッチ」とも呼ばれ、シシャモのような一夜干にもされています。

メヒカリの産地と旬

●主な産地は

福島のいわきから千葉県の銚子にかけてマルアオメエソ

駿河や宮崎、高知などの各地

●メヒカリの旬は

千葉以北では冬から春まで。

日向灘の漁期は、7月から翌年の4月(5~6月は産卵のため禁漁期)で、ピークは7~8月の夏と、12~1月の冬。

旬のカレンダー
産地 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
千葉以北                        
日向灘産                        

メヒカリの食べ方や料理

●主な料理

天ぷらやフライなどの揚げ物にすると非常に美味しい。揚げてから甘酢をかけたり、エスカベッシュにすると骨まで食べられます。

●干物も美味しい

開きにして干したものと、丸干しや頭と腹を取っただけの棒状のまま干したものがありますが、どちらもあぶり焼きで食べると甘味があり酒の肴に申し分なしです。

メヒカリの栄養価と効用

カルシウムを沢山摂れます

骨や歯を丈夫にし、イライラの解消を助ける働きがあります。

●五訂日本食品標準成分表に掲載なし

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP